警視庁南平班〜七人の刑事〜8

出演

村上弘明、鈴木一真、伊藤かずえ、火野正平、岡田奈々、永倉大輔、前田健、藤沢大悟、金子昇、金子貴俊、北原佐和子、黒沢年雄 ほか

  • 放送未定

村上弘明主演。警視庁で“鬼”と恐れられる南部平蔵が6人の部下と共に難事件に挑む、鳥羽亮原作の人気シリーズ「警視庁南平班」第8弾。強盗殺人事件の被害者は、12年前に刺殺された南部の息子の親友だった。調べを進めていくと、犯人の右手首には息子を殺害したと思われる人物と同じタトゥーがあったことが判明する。犯人は、息子を殺した男なのか。被害者の父親としての怒りを胸に秘めながらも、刑事として冷静に事件に向き合い、懸命に捜査を進め真相を推理する南部だったが…。果たして、12年の時を隔てた2つの事件の謎を解き、息子の死の真相は判明するのか。
【ストーリー】
東京・多摩の高級高齢者ホームで強盗が拳銃を発砲し、3000万円を奪って逃走する事件が起きた。通報を受け、南部平蔵(村上弘明)ら南平班の刑事が現場に駆けつける。この事件で介護士の河野さやかが死亡し、医師の増田聡史(金子貴俊)が重傷を負った。増田の名を聞いて南部は驚く。彼は12年前に暴漢に刺殺された南部の息子・健太(中村優斗)の親友だったからだ。健太は3人の男にカツアゲされていた増田をかばって命を落としたのだった。3人のうち2人は逮捕されたが、健太を刺した男は未だ捕らえられていなかった。男の手がかりは、右手首に彫られた龍のタトゥーだけ…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2015年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : スイート・ベイジル/TBS
  • プロデューサー : 吉田由二、千田一義
  • ディレクター・監督 : 中前勇児
  • 原作 : 鳥羽亮
  • 脚本 : 小杉晶子
TBS1 TBS2