江戸を斬る・第6部

出演

西郷輝彦、松坂慶子、春川ますみ、遠藤真理子、松山英太郎、清水久美子、田中綾、関口宏、伊藤洋一、由美かおる、谷幹一、大山のぶ代、中村錦司、川崎公明、有光豊、東田真一、伊庭剛、山本雅一 ほか

  • 放送未定

痛快時代劇「江戸を斬る」シリーズの第6部。西郷輝彦演じる遠山金四郎と、松坂慶子演じる紫頭巾の活躍を描く。西郷・松坂コンビの最終シリーズ。関口宏、松山英太郎、谷幹一ら、おなじみのメンバーに加え、娘岡っ引きお京として由美かおるが登場。大江戸八百八町に巣食う悪を、金四郎の名推理とレギュラー陣の活躍で追いつめていく。主なゲスト出演に西村晃、浜田光夫、伊藤かずえ、佐野浅夫、河原崎長一郎ほか。平均視聴率23%、最高視聴率28.9%(ビデオリサーチ関東地区)。1981年作品。

番組基本情報

  • 制作年 : 1981年
  • 全話数 : 28話
  • 制作 : C.A.L
  • プロデューサー : 西村俊一
  • ディレクター・監督 : 山内鉄也 ほか
  • 脚本 : 葉村彰子 ほか

エピソードリスト

#1 捕物小町初手柄

#1 捕物小町初手柄

江戸の闇を引き裂く連続強盗事件が発生し、町民を恐怖のどん底に陥れる。紫頭巾(松坂慶子)も立ち向かうが、お京(由美かおる)や金太(谷幹一)に下手人と間違われ…。

#2 死体が消えた藪の中

#2 死体が消えた藪の中

江戸中で大評判となっている見世物、八幡の藪知らず。金四郎(西郷輝彦)たちも見物するが、そこで堅太郎(伊藤洋一)は死体らしきものを見てしまう。

#3 雛祭りの夜の恐怖

#3 雛祭りの夜の恐怖

雛祭りの夜、石川島の寄場から3人の凶悪犯が脱走した。遠山金四郎(西郷輝彦)の指令で、江戸の町には非常警戒態勢が敷かれたが、その警戒網をかいくぐった3人は…。

#4 殺し針・連続殺人事件

#4 殺し針・連続殺人事件

江戸で評判の南京手妻。手に汗握る投げ刃の清国の娘太夫(由美かおる)が何とお京(由美かおる・二役)に生写し。その頃、唐物問屋の主人が長針で殺害される事件が起る。

#5 消えた怪盗土蜘蛛十蔵

#5 消えた怪盗土蜘蛛十蔵

土蜘蛛の十蔵(西村晃)を首領とする一味を捕らえるため、堅吾(関口宏)らが必死の捜査を行う。そして密告により捕縛の機会を得たが、堅吾らは取り逃がしてしまう。

#6 女辻斬り紫頭巾

#6 女辻斬り紫頭巾

辻斬りを追っていた紫頭巾のおゆき(松坂慶子)は、相手を逃がしたところをお京(由美かおる)と金太(谷幹一)に見られ、辻斬りの犯人とされてしまう。

#7 男やもめが陥ちた罠

#7 男やもめが陥ちた罠

祭の雑踏の中で倒れた女おふじ(北林早苗)を、堅吾(関口宏)と堅太郎(伊藤洋一)父子が助けた。数日後、おふじは堅吾を料亭に誘い出し、隙を見て十手を盗む…。

#8 義賊うの字小僧

#8 義賊うの字小僧

ねずみ小僧の再来、義賊と評判の“うの字小僧”が、大江戸の闇にまぎれて盗みを重ねていた。お京(由美かおる)たちはうの字小僧をあと一歩のところまで追い詰めるが…。

#9 闇に消えた江戸小町

#9 闇に消えた江戸小町

美しい娘たちが行方不明になり、1人が水死体で見つかる。お京(由美かおる)の幼友達の娘も、父親の病を占い師に見てもらった後、姿を消してしまう。

#10 魚河岸小町は瓜ふたつ

#10 魚河岸小町は瓜ふたつ

夫婦喧嘩の末、魚政に戻ったおゆき(松坂慶子)。あるとき、おゆきは謎の老武士を救うが、その武士が仕える御舟手頭の娘(松坂慶子・二役)が、何とおゆきに瓜二つだった。

#11 願いをかけた釣り忍

#11 願いをかけた釣り忍

金四郎(西郷輝彦)たちは目の不自由な娘おるい(吉沢京子)を助ける。妹を引取りにきた兄・卯之吉(浜田光夫)を見た次郎吉(松山英太郎)は、彼を幼なじみだというが…。

#12 鍾馗が解いた贋金事件

#12 鍾馗が解いた贋金事件

大川から水夫風の死体があがり、その懐からニセの小判3枚が見つかる。金四郎(西郷輝彦)は、その精巧な出来から、背後に大規模な組織があると睨む。

#13 金公お京の夫婦旅

#13 金公お京の夫婦旅

お京(由美かおる)と金太(谷幹一)が、大川で漬物と称する荷を運んでいた舟を捕らえたところ、樽の中から女が3人も出てきて、人買い組織の存在が浮かび上がる。

#14 親子を結ぶ情捕縄

#14 親子を結ぶ情捕縄

塾帰りの堅太郎(伊藤洋一)は、付木を売り歩いている長太(蔵下輝美)と知り合う。病身の母・お島(岩本多代)の薬代がかかるから付木売りも楽じゃないという長太に…。

#15 お千代を襲う恐怖の影

#15 お千代を襲う恐怖の影

魚政のお千代(遠藤真理子)が張り切って家業を手伝い、お政(春川ますみ)は喜んでいた。そんなある日、お千代は出前の最中に殺害現場に遭遇してしまい…。

#16 白洲に哭いた父ふたり

#16 白洲に哭いた父ふたり

竹串売りのおりん(伊藤かずえ)は、心臓の弱い父親を看病しながら懸命に暮らしていた。あるとき、おりんは魔が差し、高価な薬を買う金のために置き引きするが…。

#17 おゆきに惚れたいい男

#17 おゆきに惚れたいい男

白川別当が、高利の金を庶民に貸して悪どい儲けをしていた。放ってはおけない、と遠山金四郎(西郷輝彦)も石橋堅吾(関口宏)に命じて捜査を始める。

#18 辻斬り赤法師

#18 辻斬り赤法師

峰打ちにして金だけ取る、赤ずきんで顔を隠した凄腕の追いはぎ“赤法師”が江戸の町を騒がせていた。お京(由美かおる)らが必死に追うが、赤法師を捕まえられないでいた。

#19 我が子を捕えた御用旅

#19 我が子を捕えた御用旅

発作で倒れた老人を、金四郎(西郷輝彦)らが助けた。彼が懐に十手を入れているのに気づいた金四郎が探らせると、老人は北浜の宇兵衛(大木実)という上方の岡っ引だった。

#20 お京が陥ちた阿片地獄

#20 お京が陥ちた阿片地獄

お千代(遠藤真理子)の琴仲間のおちかが殺された。おちかは阿片中毒だった。阿片吸引の悪習が町家の娘にまで広がっていることに金四郎(西郷輝彦)は愕然とした。

#21 十手で物言う悪い奴

#21 十手で物言う悪い奴

大工の松五郎(佐々十郎)は仕事の腕も一級品だが、大酒飲みで、飲むと前後不覚になる悪い癖があった。それを岡っ引の仙蔵(井上昭文)が殺人に利用しようと企む。

#22 小鈴に誓つた恋三味線

#22 小鈴に誓つた恋三味線

清太郎(森次晃嗣)は、恋仲のお久(三浦リカ)が奉公先の主人・大黒屋(遠藤太津朗)の手にかけられたことに激怒。殺してやるという清太郎の言葉を聞いた番頭は…。

#23 酒に溺れた居合い抜き

#23 酒に溺れた居合い抜き

寺の境内で見事な居合い斬りの芸を見せていた相楽一郎太(大山勝己)。彼は酒が原因でお役をしくじり、妻とも別れ、一人息子・十郎太と共に流浪の生活を送っていた。

#24 お役者小僧の挑戦状

#24 お役者小僧の挑戦状

江戸の町で凶賊が横行していた。だが目撃者の証言は性別から姿までバラバラだった。やがて役者小僧と名乗った凶賊が高札場に遠山金四郎(西郷輝彦)への挑戦状を貼る。

#25 闇に浮ぶ怨みの影

#25 闇に浮ぶ怨みの影

呉服問屋山崎屋の婚礼に幽霊が現れ、式がご破算になる。馬鹿馬鹿しいと思ったが、裏に怨念が絡んでいると察した石橋堅吾(関口宏)は一応、金四郎(西郷輝彦)に報告する。

#26 掏つた財布が無実の証

#26 掏つた財布が無実の証

指物師の銀次(河原崎長一郎)は、女房・お夕(吉野佳子)の薬代欲しさに、堅気になる前の稼業を生かして、和泉屋の番頭の財布を盗んだが…。

#27 脅迫された町奉行

#27 脅迫された町奉行

南町奉行所の近くで火災が発生し、書類を移動させる必要があり、かけつけ役たちがその任に当たるが、途中、駒吉(樋浦勉)が襲われ“はの参”という書類箱を奪われる。

#28 おゆき誘拐・危機一髪

#28 おゆき誘拐・危機一髪

名奉行・遠山金四郎(西郷輝彦)がいかに睨みをきかせようと、町方の手は寺社の関連地には及ばない。それをいいことに小松屋一家は勝手放題していた。

さらに読み込む

TBS1 TBS2