芸者弁護士 藤波清香

出演

高島礼子、石垣佑磨、西田健、金山一彦、三上潤、ICONIQ、片桐竜次、渋谷亜希、増島愛浩、周防ゆう、渡辺裕之、野川由美子 ほか

  • 放送未定

高島礼子主演。法廷サスペンスの巨匠・和久峻三の大ヒット小説「芸者弁護士シリーズ」をドラマ化。京都の上七軒に育った気鋭の弁護士でありながら、バツイチ子持ちで、現役の芸者でもある主人公・藤波清香を高島礼子が演じる。バリバリの弁護士と艶やかな芸者という、相反する二面性が見どころ。共演は、石垣佑磨、渡辺裕之、野川由美子ほか。2014年作品。

【ストーリー】
京都上七軒のお茶屋「藤波」の娘として生まれた藤波清香(高島礼子)。職業は弁護士。弁護士過疎地のために、清香は息子・公平(山崎竜太郎)と写真家の恋人・多喜男(石垣佑磨)と共に、京都郊外に出来た「ひまわり基金」の事務所に移ることになった。ある日、老舗旅館「三楽荘」の社長・大西幾太郎(窪田弘和)が遺体で発見され、京都京北中央署主任の田所刑事(金山一彦)と若い三木刑事(三上潤)が捜査にあたることになった。同じ頃、清香の元へ、幾太郎の息子・英輔(増島愛浩)と英輔の家庭教師をしている柳川波江(周防ゆう)が、殺人事件に巻き込まれたようだと相談に訪れていた。英輔が波江の部屋で勉強をしていたところに父・幾太郎が突然現れ、2人の関係を誤解して怒り出し、もめているうちに誤って幾太郎が階段から転落、怖くなってそのまま逃げてしまったと言うのだ。嘘はついていないと断言する英輔と波江。清香は正当防衛が認められると思うから一刻も早く自首するよう告げ、2人を連れて警察に出頭するが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2014年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : C.A.L/TBS
  • プロデューサー : 須藤安芸子、高崎稔千
  • ディレクター・監督 : 藤嘉行
  • 原作 : 和久峻三
  • 脚本 : 尾西兼一
  • その他 : ※プロデューサー・高崎稔千の「崎」は正式には、「大」が「立」です。システムの都合上「崎」となっております。
TBS1 TBS2