警視庁南平班〜七人の刑事〜7

出演

村上弘明、鈴木一真、伊藤かずえ、宮本真希、鳥羽潤、佐戸井けん太、白羽ゆり、江藤潤、伊藤洋三郎、永倉大輔、前田健、藤沢大悟、小木茂光、岡田奈々、火野正平 ほか

  • 放送未定

村上弘明主演。警視庁で“鬼”と恐れられる南部平蔵が6人の部下と共に難事件に挑む人気シリーズ「警視庁南平班」第7弾。長崎の観光会社社長が東京のホテルで殺害された。これに端を発し、次々に起きる殺人事件。捜査を続ける南平班は、20年前に自殺した男性にたどり着くのだが、果たして事件との関連は?結末まで一気に畳み掛けるスピード感あふれる展開から目が離せない。長崎で行われた撮影とあって、大浦天主堂、グラバー園、ハウステンボスなどの観光スポットにも注目だ。
【ストーリー】
東京のホテルで、長崎市の観光会社社長・田沼武雄(伊藤洋三郎)が殺された。田沼は心臓を刺され、ロープで首を吊られ、手には女性のものらしき長い髪を握り、さらに遺体の上着には「恨みの首一つ」と書かれた短冊が留められていた。現場に駆けつけた南部平蔵(村上弘明)率いる南部班のメンバーは捜査を開始する。第一発見者であるホテルのフロントマネージャー・山路啓輔(鳥羽潤)から話を聞いていると、ロビーの窓越しにロングコートを着た髪の長い女が見えるのに気づく。南部と高村六郎(鈴木一真)は捜査のため、長崎にある田沼の会社を訪ねると、そこには田沼と旧知の仲だという県議会議員の亀山雅樹(小木茂光)と建設会社社長・山田岳士(江藤潤)が来ていた。「殺されるようなトラブルを田沼が抱えていたとは考えられない」と語る二人。だが、田沼の秘書・片桐はるな(宮本真希)は「20年前に田沼が原因で自殺に追い込まれた人物がいた」と話す。そして第二の事件が起きる。田沼と同じ手口で山田が殺害され、「恨みの首二つ」と書かれた短冊が発見されたのだ。この連続殺人事件と片桐が話していた20年前の出来事とは何か関連があるのか?

番組基本情報

  • 制作年 : 2014年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : スイート・ベイジル/TBS
  • プロデューサー : 吉田由二
  • ディレクター・監督 : 中前勇児
  • 原作 : 鳥羽亮(「首を売る死体」講談社文庫刊)
  • 脚本 : 林誠人
TBS1 TBS2