守護神・ボディーガード 進藤輝 Episode3

出演

寺脇康文、青山倫子、紫吹淳、金子昇、柏原収史、染谷将太、平田薫、佐藤二朗、伊吹剛、柏倉裕太、安藤美優、斉藤陽一郎、倉田てつを、伊佐美紀、伊藤つかさ、四方堂亘、田中護、小倉久寛、伊東四朗 ほか

  • 放送未定

寺脇康文主演。民間人を守る熱きボディーガードの活躍を描く人気シリーズ第3弾。舞台はとある高級マンション。命を狙われ続けるセレブ主婦とその娘に隠された過去に迫る。つらい過去を背負いながら、強さと優しさをもって職務にあたるボディーガードを寺脇康文が熱演。洗練されたアクションと、どこか陰のある演技に注目だ。共演は、青山倫子、紫吹淳、金子昇、伊東四朗ほか。2014年作品。

【ストーリー】
とある高級マンションで住人の主婦が殺害された。同じマンションに住む会社社長・橘(金子昇)からの依頼を受け、民間ボディーガード会社PPG(パーフェクト・プライベート・ガード)の進藤輝(寺脇康文)らは橘の妻・茜(青山倫子)と娘の結愛(安藤美優)の警護にあたることになった。茜が留美(紫吹淳)らセレブ仲間と会っているときはもちろん、PPGのメンバーたちは母娘を徹底的に警護する。
ある夜、森崎(斉藤陽一郎)という男が結愛に近づき、進藤に拘束される。しかしその隙にナイフを手にした別の男・雑賀(田中護)が茜に襲い掛かり、盾になった進藤の同僚・山本(染谷将太)が負傷してしまう。
逃走した雑賀はその後再び姿を現したところをPPGの真壁(柏原収史)に捕えられる。自分は300万円で茜殺しを請け負っただけで黒幕は別にいて、先の主婦は茜と間違えて殺害してしまったという雑賀。そして森崎は、現場には偶然居合わせただけで他の目的があったという。
茜は一体誰に狙われているのか? そして森崎が結愛に近づいた訳とは…?

番組基本情報

  • 制作年 : 2014年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : アズバーズ/TBS
  • プロデューサー : 菊池誠、木川康利
  • ディレクター・監督 : 松田礼人
  • 脚本 : 友澤晃一
TBS1 TBS2