正しい御家族

出演

蟹江敬三、山本道子、松本明子、花井京之助、磯野洋子、芳ケ野恭子、山内慶太郎、西村淳、松澤一之、奥野匡 ほか

  • 放送未定

若手脚本家の登竜門として知られた「TBS新鋭シナリオ賞」。その入選作を蟹江敬三主演でドラマ化した「正しい御家族」を放送。
今や「家栽の人」や「夫婦道」など多くの作品に携わる脚本家・清水有生のデビュー作がこの作品。「グッドバイ・ママ」や「ソープ嬢モモ子シリーズ」などの脚本でお馴染みの市川森一が選考でトップに推し、同じく選考委員の伴一彦や鴻上尚史からも作品アイディアが高く評価され、入賞となった今作。
昇進をかけて「家族一式」をレンタルしてしまうサラリーマンを好演しているのは蟹江敬三。松本明子や松澤一之が脇を固めている。
誰でも窮地に陥ったとき、藁にもすがる思いであらゆるものに頼りたくなる、そんな人間の欲深さと浅はかさを不思議なタッチで描いた作品。お楽しみに。

【ストーリー】
大手建設会社の課長・今野三治(蟹江敬三)に昇進のチャンスが巡ってきた。この機会をものにしたいが、強力な対抗馬がいる。なんとしても勝ち抜きたい。そのためには条件が必要だった。それは、「家族が安泰であること」。というのも、前部長は娘が売春行為で捕まり、週刊誌沙汰となったことで左遷されてしまったのだ。それからというもの会社経営陣は神経質になっている節がある。
ところが、家族については今野の泣きどころだった。妻・一江(山本道子)は新興宗教にハマり、娘・めぐみ(松本明子)は女子大生でありながら子どもを産んでいる。家族の実態が明らかになれば、昇進できないだけでなく、本社に居続けることすら難しいかもしれない。
そんな時、今野は一枚の広告を頼りに電話をかけた。「エンピツ一本から御家族までお貸しします」というレンタル会社だった。今野は思わず「家族一式」を申し込んでしまうが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1987年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 松田幸雄
  • ディレクター・監督 : 水留章
  • 脚本 : 清水有生
  • 主題歌 : Je te veux
  • 歌手 : E.Satie
TBS1 TBS2