外科医零子2 ハートの疑惑

出演

財前直見、石黒賢、杉田かおる、宮川花子、いかりや長介 ほか

  • 放送未定

財前直見主演で送るシリーズ第2弾。心臓外科医としてならした水色零子が、今回は救命救急センターの医師として登場。救命救急医として忙しく働く零子のもとに新たな急患が運び込まれた。その患者が町医者を営む父・重吉の水色医院から運び込まれたと聞き、愕然とする。父への思い、幼なじみの刑事・千太郎の存在、医師としての責任感、様々な思いに揺さぶられながら、零子は一歩一歩真実へと迫ってゆく。ヒロインの父親役を務めたいかりや長介は、今作がシリーズ最後の出演となった。

【ストーリー】
水色零子(財前直見)は西南医大の救命センターで働く外科医。ある日、病院に幼なじみの貞(深沢敦)が父・重吉(いかりや長介)の噂を伝えに来た。零子のいないときに限って、重吉が女性を家に呼び込んでいるいうのである。零子は取り合わずに、貞を追い返したが、家に帰ってみて驚いた。丸山美也子(杉田かおる)と息子の浩一郎(泉澤祐希)が重吉に見送られて帰ろうとしているところだったのだ。重吉をパパと呼ぶ浩一郎をみて、さすがの零子もいささかあわてて、重吉に問いただすが、「やましいことはない」と重吉は多くを語らない。 翌日、千太郎(石黒賢)に誘われて昼食を共にした零子は千太郎に重吉のことをこぼすが、千太郎にはとても信じられない。実は零子に結婚を申し込もうとして千太郎だったが、同僚の医師・有沢(柄沢次郎)が休んだため、急遽零子が病院に呼び出されてしまい、計画は水泡に帰してしまう。 救命センターに運び込まれてきたのは美也子の夫・信人(井田國彦)だった。信人が腹部をハサミで刺された現場はあろう事か水色医院。しかも信人は意識を失う前に救命士に「あの医者にやられた」と告げていた。重吉が犯人なのか?心を乱しながらも零子は信人の処置を終えたが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2002年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : アズバーズ/TBS
  • プロデューサー : 指田貴行、黒川浩行
  • ディレクター・監督 : 大岡進
  • 脚本 : 今井詔二
TBS1 TBS2