外科医零子 ハートの記憶

出演

財前直見、石黒賢、邑野未亜、南田洋子、いかりや長介 ほか

  • 放送未定

主演・財前直見が演じる女性外科医・水色零子が、医療現場で起こった様々な事件の謎に迫るヒューマンサスペンスドラマ。共演は、いかりや長介、石黒賢ほか。なかでも、財前といかりや長介が初共演とは思えない抜群のコンビネーションで父娘の心の通った、ユーモラスなやりとりを繰り広げる。

【ストーリー】
外科医・水色零子(財前直見)は手術室にいた。今まさに心臓移植の手術を行うところである。移植を受ける患者・近藤(長沢政義)を手術台に寝かせ、零子は心臓の到着を待っていた。しかし、到着予定の時刻を過ぎても、心臓の到着する気配はない。実は心臓は病院には着いていたが、病院内を輸送される途中で何者かに強奪されていた。心臓を運んできた移植コーディネーターの高梨(山西道広)はクロロフォルムをかがされ、迎えに出た東都医大の医師・野口(布川敏和)は撲殺された。異変に気づいた零子は病院内を捜索中に怪しい人物を発見し、とがめるが、逆に殴り倒され逃げられてしまった。
3ヶ月後、零子は怪我も癒え、事件を克服して賭ビリヤードで味わう緊張によって手術の緊張に耐える訓練に代えていた。緊張に耐え、見事プロのハスラーをうち負かした零子は父・重吉(いかりや長介)と2人で暮らす水色医院に帰り着いた。重吉は横浜の下町で町医者をやっている。母(南田洋子)は数年前に亡くなっていた。家には零子の幼なじみの刑事・千太郎(石黒賢)が怪我の治療に来ていた。千太郎が治療を終えて帰ると少女が入ってきた。朝倉みゆき(邑野未亜)というその少女は零子と二人きりになることを望み、盗まれた心臓は自分の体の中にあると告げた。初めは取りあわなかった零子だったが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2001年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : アズバーズ/TBS
  • プロデューサー : 指田貴行、黒川浩行
  • ディレクター・監督 : 大岡進
  • 脚本 : 今井詔二
TBS1 TBS2