守護神・ボディーガード 進藤輝 Episode2

出演

寺脇康文、高橋由美子、柏原収史、染谷将太、平田薫、阿南敦子、伊東孝明、横山幸汰、佐藤二朗、深水三章、川野直輝、三浦浩一、小倉久寛、伊東四朗 ほか

  • 放送未定

寺脇康文主演。民間人を守る熱きボディガードの活躍を描く人気シリーズ第2弾。
住人同士のトラブルが多発する団地内で起きた死亡事故。民間の腕利きボディーガード・進藤輝たちは事件の真相を探りながら、依頼者を守るために命をかけて戦う。
警備会社の社長・服部を演じる伊東四朗、進藤を支える同僚役として登場する柏原収史、染谷将太、小倉久寛、平田薫らのレギュラー出演者に加え、高橋由美子がゲスト出演している。

【ストーリー】
主婦の飯島瞳(高橋由美子)は見知らぬ男から、ある日突然殺人予告を受ける。相談を受けた民間ボディーガード会社・PPGの進藤輝(寺脇康文)は瞳の警護を開始するが、当の本人には全く心当たりがなく、単なる嫌がらせだから心配ないと言い張る。
しかし、瞳は同じ団地の自治会長・白井(三浦浩一)の妻・須美代(阿南敦子)と、お互いの小学生の息子のことでトラブルを起こしていた。そして瞳ははっきりとした物言いが原因で、近隣の住人から孤立していた。そんな瞳にかかってきた「本気で殺す」という脅迫電話に、夫の和幸(伊東孝明)は不安を隠せない。というのも、団地の建て替えを巡って瞳が白井と対立しているからだった。瞳を脅かしているのは白井か須美代か、それとも団地の他の住人か?
その矢先、須美代が階段から足を踏み外して転落死した。警察は事故だと判断するが、進藤の見方は違った。謎が深まる中、瞳はこれ以上警護するのをやめて欲しいと言い出す…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2013年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : アズバーズ/TBS
  • プロデューサー : 菊池誠、木川康利
  • ディレクター・監督 : 松田礼人
  • 脚本 : 友澤晃一
TBS1 TBS2