TBS長編大作ドラマ「曠野のアリア」

出演

滝田栄、藤真利子、池上季実子、田中裕子、古尾谷雅人、芦田伸介、山本圭、丹阿弥谷津子、中尾彬、内田朝雄、佐藤慶、田崎潤、中野誠也、下条アトム、加藤嘉、岡本信人、滝田裕介、松山政路 ほか

経済恐慌から五・一五事件、東北大飢饉と騒乱の続いた昭和初期。「赤城の子守唄」「国境の町」などで流行歌手としてスターダムにのし上がった東海林太郎とその家族。彼らを軸に“昭和を生きたひとりの知識人の知られざる青春”と“昭和史のなかの家族”を豪華キャストと壮大なスケールで描く。主人公・東海林太郎を演じるのは滝田栄。その妻・久子を藤真利子、後妻・静を池上季実子が扮する。その他、芦田伸介、田中裕子、古尾谷雅人ら多彩なキャストが脇を固める。1980年作品。
【ストーリー】
大正11年(1922年)。東海林太郎(滝田栄)は、大学の商学部研究科(大学院)で経済原論を専攻する、学究肌の学生だった。満鉄に勤める父・大象(芦田伸介)と母は大連にいた。労働運動と農民運動が激化していた時代、太郎は社会主義者として名声を得ていた佐野学(山本圭)に傾倒。大学の同期には、労農運動の主要メンバーだった浅沼稲次郎(橋本功)や平野力三(松山政路)らがいたが、太郎自身は、運動に身を投じる気は無かった。翌年、太郎は佐野のすすめもあって父と同じ満鉄を入社した。この年には、声楽科の学生・庄司久子(藤真利子)と結婚した太郎、2人の子どもにも恵まれたが、やがて…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1980年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : テレビマンユニオン/TBS
  • プロデューサー : 村木良彦、近藤久也、稲塚秀孝
  • ディレクター・監督 : 今野勉
  • 脚本 : 岩間芳樹
TBS1 TBS2