早乙女千春の添乗報告書16 静岡 湯けむりツアー殺人事件

出演

名取裕子、蟹江敬三、火野正平、烏丸せつこ、石橋保、あいはら友子、高松英郎、吉井怜、潮哲也、深谷明大、坂口理香、草村礼子、西山宗祐、沼田爆 ほか

連続殺人の動機は金、それとも… 。
名取裕子と蟹江敬三の軽妙な掛け合いも楽しい湯けむり人気シリーズの第16弾。今回も、千春が添乗するツアーの行く先々で事件が起こる。
今回、千春(名取裕子)が担当することになったのは、大手酒造会社の創業者一族を乗せて静岡の温泉ホテルへ向かうバスツアー。火野正平、烏丸せつこ、あいはら友子、潮哲也が扮するそのツアー客はいずれも一癖ありそうな顔ぶれ。
一族の当主が突然自殺、その遺言が、骨肉の争いに火をつける…。
純情で惚れっぽい千春だが、今回の恋のお相手は一族の顧問弁護士(石橋保)。彼が金持ちは嫌いだと言うのを聞いたばかりに、本当は財閥令嬢の千春、素姓を隠そうとウソにウソを重ねる羽目に…。

【ストーリー】
ドリーム観光の名物添乗員・早乙女千春(名取裕子)は上司の須藤正次(蟹江敬三)におだてられ、大手酒造会社の創業者一族・村松家のバス旅行を担当する。ツアーは観光目的ではなく、先頃、井戸に身を投げて自殺した当主・村松市蔵(高松英郎)の遺言を一族に公開するためのものだった。
当日そのことを知らされ渋々バスに乗り込んだ千春だが、一族の顧問弁護士・神田孝祐(石橋保)が自分好みの二枚目とわかって、神田のハートを射止めようと張り切る。
酒造会社の会長だった市蔵は莫大な財産を遺していた。バスに同乗している親族たちはみな遺産目当てに集まったのだ。
市蔵と亡き本妻の間には二人の娘がいる。長女は節子(烏丸せつこ)、その夫・村松修二(火野正平)は会社の副社長に、次女・鈴子(あいはら友子)の夫・川浪邦夫(潮哲也)は社長の座におさまっていた。姉妹の子供たちも遺産の分与を期待している。
さらに市蔵には内縁の妻・篠田和江(草村礼子)もいた。和江は孫の勇市(西山宗佑)を連れて遺言公開の場にやってきた。勇市の父・中西弘樹(吉満涼太)までが、借金返しのために遺産のおこぼれにあずかろうと現れる。
さて一同が見守る中、いよいよ市蔵の遺言が公開される。その内容は遺産のほとんどを長女・節子の娘・奈緒(吉井怜)に譲るという意外なものだった。次女・鈴子が真っ先に納得できないと声をあげるが、神田弁護士は、遺言は厳とした効力をもち、奈緒が死亡しない限り他の人々の取り分が増えることはないと説明する。金の亡者のような親族たちをよそに、奈緒だけは遺産に関心がなさそうだ。
その様子を見ていた千春は、遺産相続をめぐる争いに火がをつくのではと心配になる。
千春の不安は的中する…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ホリプロ/TBS
TBS1 TBS2