早乙女千春の添乗報告書14 奥飛騨・下呂 湯けむりツアー殺人事件

出演

名取裕子、蟹江敬三、沼田爆、松平健、朝加真由美、林知花、笠原秀幸、乃木涼介、高知東生、木村理恵、白石マル美、種子、山本みどり、有沢妃呂子、広岡由里子、真砂皓太、新井康弘、瀬野和紀、小林千晴、清瀬真里、真砂、三波伸一、はらみつお、安藤一人、工藤秀洋、田中裕子、蟹川五朗 ほか

  • 放送未定

月曜ミステリー劇場放送100回記念特別番組の最後を飾るのは、名取裕子がお嬢様添乗員に扮する湯けむりツアー殺人事件シリーズ第14弾。
千春(名取)と須藤(蟹江敬三)のコンビは奥飛騨・下呂のバスツアーに出発する。ところが「ツアー客が殺される」との予告が届き、緊張が走る。はたして客の一人が吊り橋から転落して死んだ。続いてもう一人、背中を刺され重傷を負う。いったい犯人は誰なのか、そして目的は…。
調査を進めていくにつれ、母と子の悲しい過去が浮かび上がる。千春は事件の真相に迫っていく…。
松平健がゲスト出演。存在感のある大きな演技で、ドラマを引き締める。
番組名物のパロディーシーンには「瞼の母」が登場。名取、蟹江、松平と沼田爆が楽しい芝居を披露する。

【ストーリー】
早乙女千春(名取裕子)は、理想の恋人と待ち合わせをしていたが、相手が来ない。次第に不機嫌になる千春は、隣のテーブルで同じく待ちぼうけをくっていた五条幸人(松平健)とけんかになってしまう。
気を取り直して仕事に取り組む千春。今回のコースは奥飛騨と下呂温泉、コンビの須藤(蟹江敬三)も一緒だ。とんでもないことに、五条がツアーに申し込んできた。千春は最悪の気分で出発する。
だが、千春好みの二枚目、黒岩哲也(高知東生)も客の中にいることが分かった。今度こそ恋人をゲットできると千春の期待は膨らむ。
一行は奥飛騨を巡り、北アルプスをながめ、温泉を堪能しながら宿へ着いた。ところが東京の営業所から、ツアーで殺人事件が起こると予告が入っていると連絡が入る。乗客たちに一瞬緊張が走るが、黒岩が警視庁の刑事だと判明し、安心して旅を続けることになった。
さて、今回のお楽しみは年に一度の飛騨古川祭。ところが客の一人、寺川美和(林知花)が姿を消してしまう。千春と須藤は、殺人予告が気がかりで警戒するが、美和の母親、光代(朝加真由美)は美和には狂言癖があるといい、心配する様子もない。光代の母親らしからぬ態度に一行は驚く。
翌朝、美和が吊り橋から転落して死んだ。県警の柳剛夫(新井康弘)が捜査を開始する。光代は態度を一転して、犯人を探して復讐すると息巻いている。
そんな中、ツアー客の水野綾子(木村理恵)が何者かに背中を刺され、重傷を負ってしまう。現場には光代のライターが残っていた。光代に嫌疑がかかるが、五条は鋭く矛盾を指摘する。
千春は光代、美和の悲しい母娘関係、そして綾子にも事件につながる悲惨な過去があったことを知り、真相を推理するが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ホリプロ/TBS
TBS1 TBS2