突然の明日

出演

三浦友和、加藤治子、神山繁、池上季実子、古手川祐子、矢崎滋、風間杜夫、二谷英明 ほか

  • 放送未定

三浦友和が主演を務めた異色の社会派ドラマ。金融界を背景に、銀行強盗事件に巻き込まれたエリート銀行員と射殺された強盗犯の妹が次第に惹かれ合っていく姿を描く。三浦友和は、東大法学部出身のエリート銀行員・相馬圭太郎を演じる。また、銀行強盗を演じたのは、2年後に映画「蒲田行進曲」でブレイクする風間杜夫。共演には加藤治子、神山繁、池上季実子、古手川祐子、矢崎滋、二谷英明ほか。1980年制作。

【ストーリー】
相馬圭太郎(三浦友和)は美容院を経営する母の光子(加藤治子)と二人暮らし。持ち前の才能は上司からも高く買われている上、阿南銀行の副頭取の娘・和子(池上季実子)と婚約も決まり、出世街道まっしぐらの男である。圭太郎は間もなく本店の秘書室へ栄転することになっていたが、これまで勤務してきた南青山支店で残務の整理に追われる日々が続いていた。そんなある日、世界ジャーナル編集長の大倉(矢崎滋)と名乗る男が圭太郎を訪ねて来る。圭太郎に記事を書いて欲しいということだったが、何かの嫌がらせだと考えた圭太郎は車代として金を渡した。すると、大倉は原稿の束を取り出し、ここにはある青年の秘密が書かれているという言葉を残して出て行く。その時、圭太郎の心の中を一瞬形容しがたい不安がよぎった。その頃、山崎陽子(古手川祐子)の勤め先に兄の竜治(風間杜夫)が訪ねて来る。竜治は陽子の唯一の肉親だったが、今は職もなく陽子の稼ぎで食べさせてもらっていた。その日の午後、圭太郎の勤める銀行に現れた竜治は、いきなり天井に向けて散弾銃を発砲した。その後、竜治は警官や行員を射殺し人質を取って立て籠る。そんな中、駆けつけた陽子が兄を止めようと縋り付きもめている隙に、圭太郎は死んだ警官のピストルで竜治を撃ってしまう。

番組基本情報

  • 制作年 : 1980年
  • 全話数 : 13話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 大山勝美、鈴木淳生
  • ディレクター・監督 : 井下靖央、福田新一、市川哲夫
  • 原作 : 阿木慎太郎「されど愛の日々に」
  • 脚本 : 山田信夫、黒土三男、渋谷正行

エピソードリスト

#1 婚約の二人の前に

#1 婚約の二人の前に

出世街道まっしぐらの銀行員・圭太郎(三浦友和)のもとに、ある日突然世界ジャーナル編集長の大倉(矢崎滋)が訪ねて来る…。

#2 極限抱擁

#2 極限抱擁

マスコミは銀行強盗の山崎竜治(風間杜夫)を射殺した圭一郎(三浦友和)を英雄扱いしたが、銀行の頭取らの会議では、銀行員が人を殺すのはまずかったという空気が流れる。

#3 血族の証拠を

#3 血族の証拠を

圭太郎(三浦友和)は自分の出生の秘密を知る。大倉(矢崎滋)の置いていった原稿を前に、実の父が阿南幾太郎(二谷英明)である事実に顔が蒼ざめていくのを感じていた。

#4 私を買って下さい

#4 私を買って下さい

大倉(矢崎滋)とクラブで落ち合った圭太郎(三浦友和)は、偶然ホステスになろうと角田(深見博)に伴われてやって来た陽子(古手川祐子)に出会う。

#5 父は必要ではない

#5 父は必要ではない

久々に会社へ出勤した圭太郎は、上司の政臣(有川博)からは頭取付の秘書室勤務を命じられる。

#6 婚約破棄

#6 婚約破棄

圭太郎(三浦友和)は、幾太郎(二谷英明)の意志に反して実子として認知されることを断った。そして、相馬圭太郎として改めて和子(池上季実子)と結婚したいと言う。

#7 結婚できない女

#7 結婚できない女

和子(池上季実子)は圭太郎(三浦友和)との仲を思い悩んだ末、ある決意を秘めて深夜の街へ出て行く。そして、和子からの電話を受けホテルにやって来た圭太郎に…。

#8 愛の前ぶれ

#8 愛の前ぶれ

エリート銀行員の椅子を捨て、副頭取の令嬢・和子(池上季実子)との婚約も破棄した圭太郎(三浦友和)は、セールスマンや運転手をしながら都内を転々としていた。

#9 彼の子供を生みます

#9 彼の子供を生みます

圭太郎(三浦友和)がクラブに置き忘れた書類を、陽子(古手川祐子)が届けに来てくれた。陽子を返した後、圭太郎は和子(池上季実子)の写真を破り捨てる。

#10 昨夜何もかも終わった

#10 昨夜何もかも終わった

圭太郎(三浦友和)の研究所で陽子(古手川祐子)の姿を目にした和子(池上季実子)は妊娠にはふれずに帰ろうとした。だが、突然吐き気に襲われ、陽子に気づかれてしまう。

#11 君は一人ではない

#11 君は一人ではない

圭太郎の前から姿を隠した陽子(古手川祐子)は、西山(金田龍之介)に脅迫された大倉(矢崎滋)によって連れ去られ…。

#12 ついて行きます!

#12 ついて行きます!

「阿南頭取の不正を告発」と大きな活字で謳った朝刊の記事には、圭太郎(三浦友和)が幾太郎(二谷英明)の不正融資問題を暴いたという形で書かれていた。

#13 三時・ここで待つ

#13 三時・ここで待つ

不正融資事件の真相を握る唐沢は、警察で証言する前日、一家心中を図って死んだ。だが和子(池上季実子)の証言により、唐沢の死が他殺であることが明らかになる。

さらに読み込む

TBS1 TBS2