弁護士高見沢響子11 夢の花

出演

市原悦子、あめくみちこ、京野ことみ、白川和子、中島久之、木村栄、岸端正浩 村松浩 佐々木岳史、津島美羽、平泉成、米倉斉加年 ほか

  • 来月放送
  • HD

市原悦子主演「弁護士高見沢響子」シリーズ第11弾。仕事に挫折を感じて旅に出た響子は、ある漁村で謎の多い老人に出会う。その謎を追いながら、自身の人生も振り返る。
ゲスト出演者として、認知症の疑いがある老人役を米倉斉加年、真実を追究する響子と激しく対決する老人の孫娘役を京野ことみ、飄々としてコミカルな味わいもある書店店主役を平泉成が演じる。レギュラー出演者、あめくみちこも市原と息のあった演技が光る。脚本の竹山洋と監督の堀川とんこうは、これまで何度も市原悦子出演のドラマを手がけており、市原の魅力を熟知した名コンビ。そんな二人が初めて『弁護士高見沢響子』シリーズに挑み、新境地を開いた。

【ストーリー】
不正献金疑惑をもたれた代議士秘書、中島誠一(中島久之)の弁護を担当した高見沢響子(市原悦子)は、中島が態度を翻したことからマスコミに叩かれ、弁護士バッジをはずして姿を消した。助手の久松啓子(あめくみちこ)は響子の身を案じ、捜索願いを出して行方を追っていた。
響子はある漁村にいた。ふとしたことから、小さな書店の店主、津田健三(平泉成)と知り合い、響子は店番をしながら居候することに。
ある詩集が欲しいと佐藤市郎(米倉斉加年)から電話で注文が入り響子がアパートに届けると、別の家で暮している市郎の孫、藤代弥生(京野ことみ)が息子の翔(佐藤瑠生亮)を連れて現れた。弥生は認知症の市郎が本を注文するはずがないと響子を追い返す。響子は津田から藤代家に関する妙な噂を聞く。近所の人は弥生と一緒に暮しているはずの家族を長年見たことがなく、家族が生きているのかも不明だというのだ。
市郎は半年ほど前に、突然、弥生が現れて自分の孫だと名乗ったと響子に打ち明け、身に覚えのないことで恐ろしく、認知症のふりをしているのだとほのめかす。市郎と弥生は本当に祖父と孫なのか。年金を不正に受け取るために、弥生が市郎を利用しているのではないかと、響子は疑問を抱く。
一方、やっと響子の居場所を突き止めた助手の久松が漁村に現れる。久松の協力を得て、響子は藤代家の真相に迫るが、疑惑も膨んでゆく。佐藤市郎が実は藤代家の当主、藤代市郎だと判明する。藤代市郎には妻、菊子(白川和子)との間に豪(50代・近童弐吉、20代・入江賢)という息子がおり、豪の娘が弥生であることも明らかになった。実は市郎は三十年近く前に家庭内暴力を繰り返す豪を殺そうとしたが果たせず家を出たという。それから長い時が経ち、市郎は佐藤と名字を変えて、我が家に近いアパートで暮すようになった。しかし、市郎はついに帰宅することができなかった。その間、菊子と豪そして弥生はどうしていたのだろうか。
やがて、介護士派遣の記録から本当の弥生は難病を患い、寝たきりだったことが判明する。では、市郎に孫だと名乗った女性は誰なのか。市郎は響子に自宅に花が咲いている夢を見ることがあると、寂しそうに語る。この言葉をヒントに、響子は市郎とともに藤代家を訪れる。荒れ果てた庭と家屋。二人は家の中で驚きと悲しみの事実を発見する…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2011年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 東阪企画/TBS
  • プロデューサー : 大下晴義
  • ディレクター・監督 : 堀川とんこう
  • 脚本 : 竹山洋

TBSチャンネル2

来月 5/3(金)午前8:40〜午前10:20

2019年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
2019年5月
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 5/3(金) 午前8:40〜午前10:20
    • TBSチャンネル2
TBS1 TBS2