女タクシードライバーの事件日誌 殺意の交差点

出演

余貴美子、益岡徹、キムラ緑子、出入端佳美、橘ユキコ、団時朗、モロ師岡、北村総一朗、佐藤ニ朗、田中健、村田雄浩、高橋惠子 ほか

  • 放送未定

余貴美子演じるタクシードライバーが様々な事件関わっていく人気シリーズの第1弾。
主人公・春成衿子を演じるのは実力派女優、余貴美子。衿子が勤めるタクシー会社の課長役に北村総一朗、友人の新聞記者役に村田雄浩など、味のあるメンバーが揃った。
日々様々な客を乗せるタクシードライバーが突然事件に巻き込まれる。そしてその事件に女たちの人生が翻弄されていく…。
事件を解くカギとなるのはタクシー。自家用車には無いタクシー特有の様々な構造が数々の謎を解きほぐしていく。事件の謎解きとは別に、普段何気なく乗っているタクシーについて改めて考えさせられる作品だ。

【ストーリー】
春成衿子−はるなりえりこ−(余貴美子)はタクシードライバー。毎日様々な客を乗せる仕事柄、時として客の人生を垣間見てしまうこともある。
そんな衿子はある日、池袋で1人のド派手な女性客を乗せた。その女性・民子(根岸季衣)は板橋まで行くよう指示すると、タクシーの中にもかかわらず着替えを始める。着替えながら民子は衿子に向かって主婦もたまには息抜きが必要だからと語る。メイクを落とし服を着替えた民子はどこにでもいる主婦の姿になっていた。
翌日、衿子が出社すると、営業所ではかつて衿子の指導員だった同僚ドライバー甲田(酒井敏也)が行方不明だと騒ぎになっていた。衿子は課長の大城(北村総一郎)と共に、甲田の車に残されていた実車記録などから当日の行動範囲を割り出す。秋葉原から池袋まで客を乗せていたことはわかったものの、その後は記録をつけずに何キロも走っており彼の行方はつかめない。仕方なく衿子は甲田の妻・慶子(中島ひろ子)が働く幼稚園を訪れ現状を報告するが、慶子は彼の子を身ごもったばかりなのにとうろたえる。そこには幼稚園の理事長夫人・加奈子(かとうかずこ)も同席していた。加奈子は今、保育園の他に幾つもの会社を経営する日暮家の長男の妻だが、結婚前はこの保育園で保母をしていた。その頃から慶子を妹のようにかわいがり、公私共に甲田夫妻の一番の理解者だった。
数日後、知り合いの新聞記者・宮本(村田雄浩)は甲田が失踪した日に池袋のラブホテルで殺人事件があったという情報を持ってきた。警察はその殺人事件と甲田の失踪を関連付けて捜査しているという。さらにその殺人事件の犯人らしき女性と衿子がその日乗せた民子の特徴が似ていることも発覚した。衿子は彼女が甲田の失踪に関して何か知っているとにらみ、民子を探し始める。彼女を降ろした場所と宮本からの情報を総合して民子の自宅を突き止めた衿子は彼女を尾行する。地味な格好で自宅から出てきた民子だったが、立ち寄ったデパートから出てきた彼女は以前乗せたときのようにド派手な服装、メイクとまるで別人。そんな民子は繁華街を歩く男たちを物色するような視線を送りながら歩いている。疑いを深めた衿子は民子に接触し甲田について問い正すが、民子の口から語られたのは衝撃の事実だった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ノアズ
TBS1 TBS2