沈黙の法廷〜赤と黒

出演

浅野温子、石田ひかり、山田まりや、平泉成、渡辺いっけい、伊藤洋三郎、長谷川朝晴、中村俊太、斎藤ナツ子、木下ほうか ほか

  • 放送未定

どんな姑息な手段を使っても無罪を勝ち取ることから『法廷の魔女』と呼ばれる女弁護士・赤松(浅野温子)が、有罪率100%の敏腕検事・黒木(石田ひかり)と激しく対立しながら、沈黙する被告の真実を暴く傑作法廷サスペンス!黙秘に近い被告を前にどちらが先に核心を突くのか?法廷で繰り広げられる弁護士と検事の激突、そして驚愕の逆転裁判!女同士の執念と真実を追い求める情熱が観る者を圧倒する!

【ストーリー】
赤松操(浅野温子)は親の跡を継いで定食屋を切り盛りしてきたが、弁護士だった夫の遺志で一念発起し、猛勉強の末弁護士に。彼女は突拍子もないやり方で次から次へと無罪を勝ち取っていく評判の凄腕弁護士、人呼んで「法廷の魔女」。一方、10歳の頃両親と兄を凶悪犯に惨殺された過去から犯罪を恨み続け、どこまでも正義を貫く覚悟のやり手検事・黒木梓(石田ひかり)。
赤松と黒木、この「赤と黒」の二人が、とある殺人事件の法廷で正面からぶつかる。案件は川崎で起きた刺殺事件だった。被害者は元刑事で経営コンサルタントの田口諒一(木下ほうか)。殺害現場にいた男(平泉成)が逮捕されたが、弁護士の操が接見して事情を聞いても「やってない」という以外に何もしゃべらず、黙秘を続ける。そこで名前も言わない男に対し、操はとある作戦に出た。娘で助手の真奈美(山田まりや)を使って、裁判長の有森宏(渡辺いっけい)の性格や検事・梓の過去データを調べ上げ、少しでも法廷で有利になろうと画策したのだ。しかし梓の追求は激しく、お互い真っ向から衝突し丁々発止の攻め合いと心理戦が繰り広げられる。。
しばらくして、犯行を否認していた男が突然、罪を認めると言い出した。そればかりか、裁判を即刻やめろと法廷で暴れ出す始末。さすがの操も慌てたが、一体この男の中で何が起こったのか?

番組基本情報

  • 制作年 : 2010年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 国際放映
  • プロデューサー : 浦井孝行、伊藤由彦
  • ディレクター・監督 : 水谷俊之
  • 脚本 : 今井詔二
TBS1 TBS2