自治会長糸井緋芽子 社宅の事件簿9

出演

泉ピン子、高田純次、高橋ひとみ、雛形あきこ、生稲晃子、相島一之、中西良太、西尾まり、佐野泰臣、大久保綾乃、五代高之、青山勝、義田貴士、若松俊秀、悠木千帆、川本貴則、藤村俊二、上村依子、小田竜世、加門良、先崎紅葉、佐藤祐一、舩木壱輝、天城純子、田中恵輔 ほか

  • 放送未定

泉ピン子主演「自治会長糸井緋芽子」シリーズの第9弾。今回は、緋芽子の夫であるノンキなサラリーマンの章太郎が、こともあろうに支社の人事部長に昇格する。これは何か不吉な前兆か?と思った矢先、殺人事件が勃発する。しかし、どんなことにもめげないパワフルな緋芽子が解決の糸口を見つける。

【ストーリー】
出世には縁のなかった糸井緋芽子(泉ピン子)の夫・章太郎(高田純次)がなんと、支社の人事部長に昇格した。前任者の阿刀田(加門良)が亡くなったためとはいえ、大抜擢に章太郎自身もびっくり。同時に、新しい社宅に越した緋芽子は支社長婦人の里美(生稲晃子)からいきなり自治会長を命じられる。
社宅で暮らし始めた緋芽子は、自殺したとされる阿刀田の妻・百合子(高橋ひとみ)が何者かから嫌がらせを受けていることを知る。無言電話や悪質なビラで、明らかに誰かが百合子親子を社宅から追い出そうとしていた。里美や副支社長婦人の智子(雛形あきこ)も、ルール通りに百合子たちに社宅から出ていってもらうよう自治会長の緋芽子に圧力をかけてきた。
しかし、阿刀田の死因を探っていた小島刑事(相島一之)は「自殺とは限らない」と言い、百合子も「自殺するような夫ではない」と断言した。他殺ではないかと疑い始めた緋芽子と章太郎は、刑事まがいの捜査を開始した。しかし、このことが社宅内で発覚し、せっかく昇進した章太郎の立場が危うくなる。そんな時…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2009年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ザ・ワークス/TBS
  • プロデューサー : 角田正子
  • ディレクター・監督 : 中山史郎
  • 脚本 : 深沢正樹
TBS1 TBS2