自治会長糸井緋芽子 社宅の事件簿5

出演

泉ピン子、高田純次、佐野泰臣、大久保綾乃、岡本麗、田山涼成、寺田農、布川敏和、西牟田恵、片岡弘貴、水木薫、中丸新将、川岡大次郎 ほか

  • 放送未定

泉ピン子主演「自治会長糸井緋芽子」シリーズの第5弾。誰に何と言われようが憧れのマイホーム目指して徹底的な「節約」「やりくり」の日々を送る主人公・糸井緋芽子。 今回は、出世にはまったく縁のなかった緋芽子の夫・章太郎が本社の人事部長補佐に栄転する。社宅も今までの庶民的な住まいから、いきなり東京・白金にある超豪華マンションに。社宅の住人も緋芽子の想像を絶するほどのリッチな暮らしぶり。一方「内職・アルバイト禁止」という規則に阻まれて、緋芽子の倹約生活は絶体絶命のピンチ。この状況で緋芽子はどんな手でやりくりするのか。同時にセレブ代表で登場する人事部長夫人役・岡本麗とのガチンコバトルは見ものだ!

【ストーリー】
糸井緋芽子(泉ピン子)の夫・章太郎(高田純次)が本社人事部の部長補佐に昇進した。糸井一家は東京の白金にある豪華な社宅に引っ越し、夢のような暮らしを手に入る。ところが喜びも束の間、緋芽子にとっては信じられないような物価やプライドの高い社宅の規則に縛られ、今までの倹約生活はガラリと変わってしまう。
セレブな奥様たちの先頭に立っていたのは自治会長の育代(岡本麗)。育代の夫・加古川(田山涼成)は人事部長で、章太郎の直属の上司だった。緋芽子はいきなり育代の反感を買い、嫌がらせで「アシスタント自治会長」に任命されてしまう。
そんな矢先、白金社宅で放火・投石事件が発生した。しかし育代は自治会で事件を処理し、警察には通報しなかった。 しばらくして、社宅の池部(布川敏和)が何者かに殺された。その頃から社宅に謎の男(寺田農)が出没するのが目撃された。緋芽子は育代に、事件と関わりがあるかも知れないと似顔絵まで描いて報告するが、育代は何故か無視し続けた。一向に解決しない事件を追って、緋芽子と章太郎が真相を暴くために立ち上がった。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ザ・ワークス/TBS
  • プロデューサー : 布施等
  • ディレクター・監督 : 中山史郎
  • 脚本 : 深沢正樹
TBS1 TBS2