自治会長糸井緋芽子 社宅の事件簿3

出演

泉ピン子、高田純次、佐野泰臣、大久保綾乃、正司照枝、井田國彦、河合美智子、遠山俊也、大島明美、水野久美、伊藤正之、 宮地雅子、石井トミコ、杉村暁、古尾谷雅人、中根徹 ほか

  • 放送未定

17.1%の高視聴率を記録した泉ピン子主演の「自治会長糸井緋芽子」シリーズの第3弾。誰に何と言われようが憧れのマイホームを目指して徹底的な「節約」の日々を送る緋芽子。今作では、別居していた「大の節約嫌い」の姑と同居。そこで勃発した嫁姑バトルと前後して、不可解な連続殺人事件が社宅内で起こる。 ドケチ節約夫婦役の泉ピン子と高田純次がリアリティあふれる絶妙なコンビネーションで難事件にチャレンジ!

【ストーリー】
商事会社に勤めている糸井章太郎(高田純次)が下町の支社に転勤になった。今度の社宅は広いとはいえ、隣には嫌味な夫婦が住み、ほかの世帯も全員がピリピリしていてあまり雰囲気はよくない。さらに章太郎の妻・緋芽子(泉ピン子)は、社宅のルールだからと引っ越し早々またまた自治会長を務めるはめになり、三度目の重荷にうんざり。そんな時、よくできた嫁だと評判だった中尾瑶子(大島明美)が殺された。駆けつけた深大寺刑事(古尾谷雅人)も犯人の見当がつかない。さらに追い打ちをかけるように、またまた事件が起きる。今まで別居していた章太郎の母・志津子(正司照枝)が突然上京してきて、緋芽子たちと一緒に暮らすというのだ。寝耳に水の緋芽子は、章太郎に詰め寄ったが、実は志津子はガンで余命幾ばくもないという話を聞かされる。納得して同居の覚悟を決めた緋芽子だが、大の「節約嫌い」の志津子とはうまくいくはずもなく、ことごとく対立することになる。しばらくして、続けて2件の殺人事件が起こる。これらの殺人事件に関連性はあるのか。緋芽子はふとしたことから、事件解決の糸口の発見する。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ザ・ワークス/TBS
  • プロデューサー : 布施等
  • ディレクター・監督 : 西本淳一
  • 脚本 : 深沢正樹
TBS1 TBS2