いつか黄昏の街で

出演

沢田研二、多岐川裕美、中山仁、佐藤友美、浜田光夫、岸部シロー、山本郁子、大門正明、萬田久子、近藤洋介、井原千寿子、奈良富士子、山本清、早川純一 ほか

  • 放送未定

沢田研二と多岐川裕美が主演した1981年の作品。裏切りと欲望の渦巻くファッション業界を舞台に、都会で生きる男と女のシビアな現実と愛の葛藤を描く。2人が演じるのは、ファッションメーカーの営業部につとめる瀬川高之とデザイナー志望のモデル・和泉杏子。ある日、黄昏の銀座で出逢い、互いに惹かれあう2人。だが皮肉にも高之と杏子は、それぞれの未来を賭けた仕事の敵どうしとなってしまう。自分の気持ちに忠実になろうとすればするほど、自分と相手の将来を壊してしまう。しかし…。
なお、沢田にとって本作は「悪魔のようなあいつ」以来6年ぶりの連ドラ出演で、主題歌も挿入歌も担当せず俳優のみに専念している。

番組基本情報

  • 制作年 : 1981年
  • 全話数 : 13話
  • 制作 : MBS/木下プロダクション
  • プロデューサー : 飯島敏宏、山田尚
  • ディレクター・監督 : 楠田泰之、森田光則
  • 脚本 : 田向正健
  • 主題歌 : あなたのいない朝
  • 歌手 : エアー・サプライ

エピソードリスト

#1

#1

ファッションメーカーの営業部員・瀬川高之(沢田研二)とデザイナー志望のモデル・和泉杏子(多岐川裕美)が黄昏の銀座で出逢った。数十分後、2人はホテルで再会する。

#2

#2

杏子(多岐川裕美)は晴子(井原千寿子)から、高之(沢田研二)とのつきあいに反対される。仕事に集中することが一番だと自分にいいきかせ、杏子は高之に別れを告げる。

#3

#3

みどり(萬田久子)が北象二(中山仁)との関係を真偽とりまぜて週刊誌記者に話し、杏子(多岐川裕美)も巻き込まれる。一方、高之(沢田研二)は北の事務所に向かう。

#4

#4

杏子(多岐川裕美)は北(中山仁)の才能の枯渇を感じ、不安を抱く。高之(沢田研二)は、杏子への気持ちを吹っ切るように、北を自分の会社と契約させることに打ち込む。

#5

#5

北(中山仁)は、杏子(多岐川裕美)の高之(沢田研二)に対する愛を断ち切るため、ライバル会社と契約。それを知った高之は、真弓アイコ(佐藤友美)の引き抜きを考える。

#6

#6

北(中山仁)と杏子(多岐川裕美)が深い関係になったと聞いた高之(沢田研二)は、杏子のマンションへ。そんな高之を北がみつけ、自分のマンションに連れて行く。

#7

#7

苦境に立った高之(沢田研二)は、アイコ(佐藤友美)を獲得することで北(中山仁)の力を切り崩したい。一方、杏子(多岐川裕美)は北への復讐を決意する。

#8

#8

社内のスパイが悦子(奈良富士子)だと気がついた高之(沢田研二)は、その現場を押さえる。一方、杏子(多岐川裕美)の事務所に育代(山本郁子)が訪ねてきて…。

#9

#9

北(中山仁)がみどり(萬田久子)に刺され、高之(沢田研二)のライバル会社からも契約を解除されてしまう。一方、杏子(多岐川裕美)は単身アメリカ行きを決意する。

#10

#10

杏子(多岐川裕美)はアメリカに旅立ち、一年後、高之(沢田研二)は育代(山本郁子)と結婚した。そんななか、北(中山仁)を見兼ねた杏子がアメリカから帰ってくる。

#11

#11

杏子(多岐川裕美)と高之(沢田研二)が喫茶店で会っているところを、育代(山本郁子)に見られてしまう。そんななか、北(中山仁)のショーは杏子の力で大成功を収める。

#12

#12

育代(山本郁子)は高之(沢田研二)の愛を信じられなくなった。一方、杏子(多岐川裕美)は高之の家庭を破壊してまで愛をつらぬく訳にはいかないと、自分に言い聞かせる。

#13

#13

高之(沢田研二)との別れを決心した育代(山本郁子)。高之にも育代をひきとめる気持ちはない。一方、杏子(多岐川裕美)は独立して自分が通用するかを試してみることに。

さらに読み込む

TBS1 TBS2