財務捜査官 雨宮瑠璃子2

出演

浅野ゆう子、柳葉敏郎、佐戸井けん太、津田寛治、東幹久、遠山景織子、寺泉憲、宇都宮雅代、原久美子、遠野舞子、畑中映里佳、高松あい、新藤恵美、綿引勝彦、伊武雅刀 ほか

  • 今月放送
  • HD

浅野ゆう子と柳葉敏郎の名コンビ再び。名門女子大をめぐる連続殺人事件の謎を追う! 財務捜査官とは巧妙化する経済犯罪を追及するために、経理などの裏帳簿を調べる警察の専門職。公認会計士や税理士の資格を持ち、銀行や金融機関の出身者もいる。主人公の雨宮瑠璃子も前作で銀行のOLから転職した。
有名女子大の学生と経理担当が相次いで殺され、捜査一課の刑事・村上徳郎(柳葉)と瑠璃子(浅野)が捜査にあたる。化粧気のない瑠璃子に“女”を感じていない村上は、セクハラまがいの暴言と行動で瑠璃子をあきれさせるが、瑠璃子は村上の仕事にかける情熱には一目置いている。微妙な間柄の二人を、数々のドラマで共演して気心の知れている浅野と柳葉が楽しそうに演じている。

【ストーリー】
共和女子大の学生、岩崎明子(早川夏未)が何者かに殺された。捜査一課の刑事・村上徳郎(柳葉敏郎)が犯人を追う。一方、財務捜査官の雨宮瑠璃子(浅野ゆう子)は、上司の藤堂房雄(伊武雅刀)と共に、青木美佐(原久美子)が経営する美容整形医院に脱税疑惑で捜査に入った。明子がここで整形をしていたという情報を得て村上も同行する。瑠璃子は巧妙な手口を見抜き脱税を摘発する。一息つく間もなく、共和女子大の経理担当者、藤島美也子(遠野舞子)が殺される。相次いで名門大学関係者が殺されたことに世間の注目が集まる中、村上は瑠璃子を伴って大学へ向かう。死体の傍らに出所の分からない大金が残されており、美也子に横領の疑いが浮かんだからだ。次第に学内の複雑な事情が明らかになっていく。学長の桂木光太郎(寺泉憲)には正妻と愛人のそれぞれに息子がいた。正妻・文絵(宇都宮雅代)の息子・光雄(東幹久)と愛人・三沢多賀子(新藤恵美)の息子・光一郎(浅里昌吾)は共に大学の助教授で、どちらかが次期学長になるだろうと見られている。文絵は大学の創立者の娘で、多賀子は有力教授の一人。文絵と多賀子は事あるごとに対立する。さらに名門大とはいえ経営は苦しく、大学は大手スーパーの社長・飯嶋昌也(綿引勝彦)の寄付金に支えられていた。財務捜査課はその金に脱税の疑いのあることを突きとめた。
殺人事件の捜査は行き詰まっていた。そこに、光雄の助手・中山凛子(遠山景織子)が、学生の沢井絵梨香(高松あい)を連れて警察を訪ねてきた。絵梨香の証言から驚くべき事実が明らかになる。絵梨香は殺された美也子に巧み勧められてブランド品を買わされ、逮捕された青木美佐のエステにも通っていた。借金がかさんだ絵梨香は美也子に言われるままにサラ金へそして風俗店へと転落の一途をたどった。他にも犠牲になった学生が多数いるという。
大学から押収した伝票を調べていた瑠璃子は、学長秘書・塚原昭夫(矢島健一)の不審な行動に気付き、塚原が裏口入学の手引きをしていたことを突き止める。さらに美也子と美佐そして塚原を使って学生たちを毒牙にかけていた黒幕がいることが次第に明らかになる。
あと一歩というところで、全ての鍵を握る塚原が殺される。手掛かりを失った瑠璃子と村上は黒幕に迫ることができるのか…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ファイン/TBS
  • プロデューサー : 森川真行
  • ディレクター・監督 : 伊藤寿浩
  • 脚本 : 石原武龍

TBSチャンネル1

今月 7/10(水)午後0:00〜午後1:40

2019年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
2019年8月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 7/10(水) 午後0:00〜午後1:40
    • TBSチャンネル1
TBS1 TBS2