駅弁刑事・神保徳之助3

出演

小林稔侍、小林健、遠藤久美子、小野武彦、岡本信人、菅田俊、松尾伴内、大下源一郎、中根徹、井上康、朝加真由美、武発史郎、つまみ枝豆、菅原大吉、松田賢二、梅宮万紗子、西村雅彦 ほか

  • 放送未定

小林稔侍主演「駅弁刑事・神保徳之助」シリーズ第3弾。秘めた思いを抱える駅弁好きの所轄刑事・神保徳之助が事件を解決していく。今回、徳之助が事件の真相を求めて訪れるのは房総半島。高校時代の親友とマドンナだったその妻を信じ、6年前の殺人事件の真相を探る徳之助の後輩刑事。その思いをひしと感じた徳之助がひと肌脱ぐ! 駅弁もたっぷりと楽しめるほか、小林稔侍・健親子の共演も見逃せない。

【ストーリー】
刑事である神保徳之助(小林稔侍)の後輩・片桐(菅田俊)が、警視庁の捜査一課に身柄を拘束された。刑務所を出所したばかりの男・谷田(松田賢二)に暴力を加えたというのだ。谷田は6年前、新宿の闇金融の社長が殺され、5000万円が奪われた事件で犯人の一人として逮捕され、服役していた。片桐は“殺人事件の真相が知りたくて谷田を問いただしただけだ”と主張。実は、その事件の主犯とされ現在も指名手配中の平林(武発史郎)は、片桐の高校時代の友人だったのだ。平林が犯人だとは信じられない片桐は、この6年間友人の島内(菅原大吉)、轟(つまみ枝豆)と一緒に、平林の妻・さやか(朝加真由美)を支えていた。その話を聞いた徳之助は、事件をもう一度調べようと決心する。そんな時、警視庁の捜査一課が捜査をするため割り込んできた。谷田を泳がせて、平林をおびき出そうとしていたのだ。捜査一課のやり方に疑問を抱いた徳之助は、一人で平林の地元・房総に向かう。

番組基本情報

  • 制作年 : 2009年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : Joker/TBS
  • プロデューサー : 大川博史
  • ディレクター・監督 : 上野貴弘
  • 脚本 : 深沢正樹
TBS1 TBS2