フルハウス TAKE2

出演

ファン・ジョンウム、ノ・ミヌ、パク・ギウン ほか

2004年にピ(RAIN)とソン・ヘギョの共演で放送され、韓国本国のみならずアジア中で大ヒットした「フルハウス」の第2弾。前回の原作者と制作会社が再びタッグを組み、設定や登場人物も新たに製作されたロマンティック・ラブコメディだ。
本作は韓国、日本、中国が共同で製作し、3カ国で放送予定。撮影も日本では高松と小豆島で行われ、撮影現場にはファンが殺到した。
ファン・ジョンウムの相手役として抜擢されたのは、「パスタ」「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」などで大注目のノ・ミヌ。アーティストとしても活躍する彼だけに、アイドルユニット「TAKE ONE」のイ・テイク役として、演技だけではなくパフォーマーとしての魅力も発揮している。また、ファン・ジョンウム、パク・ギウンの豪華共演も話題となっている。

【ストーリー】
合気道の師範のチャン・マノク(ファン・ジョンウム)は、借金を返すためにアイドルユニット「TAKE ONE(テイク・ワン)」のスタイリストをすることに。アジア中で大人気の「TAKE ONE」は完璧主義者なイ・テイク(ノ・ミヌ)と、自由奔放だが優しい性格のウォン・ガンフィ(パク・ギウン)の2人組。いつも自分につらくあたるテイクと優しくフォローしてくれるガンフィ。最初はガンフィの優しさに魅かれていたマノクだが、徐々にテイクの本当の姿を知り、彼に魅かれるようになる。テイクは、亡き両親とともにかつて住んでいた屋敷を取り戻すためにアイドルになったのだった。テイクは“フルハウス”を取り戻すことはできるのか? そして3人の恋のゆくえは…?

※ 字幕カット版

番組基本情報

  • 制作年 : 2012年
  • 全話数 : 全20話
  • 制 作 : キム・ジョンハクプロダクション
  • ディレクター・監督 : キム・ジニョン
  • 原 作 : ウォン・スヨン「フルハウス」
  • 脚 本 : パク・ヨンスク

エピソードリスト

#1

#1

両親を亡くし、合気道場を営む祖父のもとで育ったマノク(ファン・ジョンウム)は、ある日立派な邸宅“フルハウス”でのパーティーでテイク(ノ・ミヌ)と出会う。

#2

#2

道場でマノク(ファン・ジョンウム)と再会したテイク(ノ・ミヌ)は、脱臼した腕をマノクに治してもらう。だが、その時に撮られた写真が生徒募集のチラシに使われ…。

#3

#3

マノク(ファン・ジョンウム)はガンフィ(パク・ギウン)に誘われ、顔を隠してTAKE ONEのスタイリストに。だが、マノクはテイク(ノ・ミヌ)の天敵で…。

#4

#4

TAKE ONEのファンミーティング後、借り物の高級な腕時計が行方不明になってしまった。落ち込むマノク(ファン・ジョンウム)をテイク(ノ・ミヌ)は叱りつけるが…。

#5

#5

CMの撮影現場で幼なじみと再会したテイク(ノ・ミヌ)。だがマノク(ファン・ジョンウム)は、その幼なじみがテイクの悪口を言っているのを聞き、投げ飛ばしてしまう。

#6

#6

スポンサー会社の本部長を殴ってしまったテイク(ノ・ミヌ)。一方、酔ったガンフィ(パク・ギウン)は後輩の策略にはめられ、男性とベッドにいる写真を撮られてしまう。

#7

#7

同性愛スキャンダルで事務所を解雇されたガンフィ(パク・ギウン)。ジェイが犯人だと思ったガンフィはジェイを問い詰めるが、写真を流させたのは社長のLJだとう。

#8

#8

気を失ったマノク(ファン・ジョンウム)を抱きかかえて放送局を出るテイク(ノ・ミヌ)。その様子が写真に撮られ、熱愛スキャンダルへと発展してしまう。

#9

#9

テイク(ノ・ミヌ)はファンからマノク(ファン・ジョンウム)を守ろうと“フルハウス”で同居を開始。だがガンフィ(パク・ギウン)は二人が一緒に暮らすのが面白くない。

#10

#10

ガンフィ(パク・ギウン)が隠れて住んでいたことがテイク(ノ・ミヌ)にバレた。テイクはマノク(ファン・ジョンウム)がガンフィをかくまっていたことに納得できない。

#11

#11

テイク(ノ・ミヌ)とマノク(ファン・ジョンウム)の偽装婚約が世間に知られてしまった。怒ったファンはテイクとマノクのデート中にマノクを襲い…。

#12

#12

マノク(ファン・ジョンウム)をスタイリストにすることを条件に、Uエンターに戻ったガンフィ(パク・ギウン)。一方、日本に行ったテイク(ノ・ミヌ)は帰ろうとしない。

#13

#13

韓国に戻り、活動再開の準備に入るテイク(ノ・ミヌ)。だが住む家がないためボムスの家に居候することになるが、住環境に敏感なテイクには耐えられない。

#14

#14

マノク(ファン・ジョンウム)の誕生日祝いの中、お酒が入ったテイク(ノ・ミヌ)はマノクに告白。マノクもテイクを好きだと言うが、酔ってそのまま眠ってしまう。

#15

#15

社長室から携帯を持ち出そうとしたのがバレ、解雇されたゴドン。ボムスはゴドンと一緒に満屋館に転がり込んできたため、マノク(ファン・ジョンウム)は社長のLJを訪れる。

#16

#16

ガンフィ(パク・ギウン)を心配したマノク(ファン・ジョンウム)は、ガンフィのスタイリストに復帰。それを知ったテイク(ノ・ミヌ)はマノクを訪ね、再度気持ちを伝える。

#17

#17

テイク(ノ・ミヌ)との約束の時間が迫る中、心配でガンフィ(パク・ギウン)のもとへ向かったマノク(ファン・ジョンウム)は、テイクとすれ違ったまま中国から帰国する。

#18

#18

音源に問題がみつかり、新曲の発売が延期となったガンフィ(パク・ギウン)。そこでLJは裏で手を回し、テイク(ノ・ミヌ)たちの新曲披露のステージも中止させる。

#19

#19

マノク(ファン・ジョンウム)の偽装結婚と、スタイリストの仕事が祖父にバレてしまった。だがマノクは祖父を説得し、ガンフィ(パク・ギウン)のスタイリストを続ける。

#20

#20

ガンフィ(パク・ギウン)が失明の危機にあることが報道され、LJ(イ・フン)は記者会見を開くことに。しかし会見当日、ソ会長の差し金でマスコミは誰一人集まらない。

当ホームページ内に掲載されている記事・写真・映像等の無断転用を固く禁じます。

ページトップへ