ビートたけし原作ドラマ「少年」

出演

「ドテラのチャンピオン」:所ジョージ、陣内孝則、武田鉄矢、室井滋、樹木希林 ほか 「星の巣」:豊川悦司、ビートたけし、名取裕子、古尾谷雅人、杉本哲太 ほか 「おかめさん」:青木一郎、中尾明慶、邑野未亜、白川由美、長渕剛 ほか

  • 放送未定

ビートたけしの原作をベースに、少年たちが体験したエピソード3編を描くオムニバスドラマ。久しぶりに顔を合わせた兄弟が過ぎし日の運動会の思い出を語り合う「ドテラのチャンピオン」。プラネタリウムの説明員となった弟が、星に興味を持つきっかけとなった兄と過ごした日々を描いた「星の巣」。一人京都を訪れ、宿泊した旅館の女の子と共に町を巡りながら、お互いの心をほんの少し通い合わせる「おかめさん」。いずれも大人となった今、ふと自分も「こんな事があったなぁ」と少年時代の思い出が回帰されるような心温まる作品がそろった。出演は所ジョージ、陣内孝則、武田鉄矢、豊川悦司、ビートたけし、長渕剛ほか。平成14年度文化庁芸術祭参加作品。
【ストーリー】
「ドテラのチャンピオン」
久しぶりに顔を合わせたマモル(陣内孝則)と兄・真一(所ジョージ)は、小さな居酒屋で互いの近況を話していた。そのうち、二人は真一の同級生だった通称“カラバカ”(中村聡志)の話題に。勉強はまるでダメだが、運動は得意だったカラバカ。マモルと真一は運動会でのカラバカの思い出を語り合う。
「星の巣」
俊夫(豊川悦司)はプラネタリウムの説明係。俊夫が星を好きになったのは兄・英夫の影響だ。父親(ビートたけし)が亡くなり、当時小学4年生だった俊夫(佐藤慶希)は、母親と中学2年生の英夫(濱田岳)と3人で東京からその町に越してきた。学校になじめずにいた俊夫に、英夫は「好きな星の話をすればいい」と自分の望遠鏡を持っていくよう勧める。
「おかめさん」
父親とケンカし、家出をした中学3年生の一郎(中尾明慶)は、京都でバイクに乗る少女・ジュン(邑野未亜)と出会う。二人が話していると、ジュンの知り合いのチンピラ風の男・ミノル(吉田勝浩)が声をかけてきた。一郎は逃げようとするが、結局ミノルにつかまり、訳もわからぬまま連れ回された挙句、店の支払いまでさせられてしまう。旅費を使い果たし落ち込む一郎は、ジュンに本当は中3で家出してきた事を涙ながらに告白する。

番組基本情報

  • 制作年 : 2002年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 八木康夫、三浦寛二
  • ディレクター・監督 : 竹之下寛次
  • 原作 : ビートたけし
  • 脚本 : 山元清多
TBS1 TBS2