万引きGメン・二階堂雪20「砂の絆」

出演

木の実ナナ、小沢真珠、大浦龍宇一、モト冬樹、あき竹城、藤田弓子、宮本真希、冨家規政、石井愃一、萬雅之、二反田雅澄、矢崎文也、中山忍、ケーシー高峰、角野卓造 ほか

  • 放送未定

木の実ナナ主演「万引きGメン・二階堂雪」シリーズ第20弾。1998年から約13年間に渡り放送してきた2時間ドラマの人気シリーズの最終章では、雪が事件の重要なキーワードとなるSL・やまぐち号の列車番号“9521”の真相を追う。シリーズ初期の作品に出演していたケーシー高峰も引退した刑事役で再登場するなど、見どころ満載だ。ころ満載だ。

【ストーリー】
保安員・二階堂雪(木の実ナナ)は、自分が補導した万引き犯の男(岸端正浩)から逆恨みされ、帰宅途中に襲われる。だが、間一髪で仕出し弁当屋の従業員・青森ミカ(宮本真希)に助けられる。だが数日後、ミカが何者かに殺され、河原で遺体で発見された。犯人を突き止めたい雪は、知り合いの新聞記者・花沢(モト冬樹)と共にミカの身辺を調べ始める。ミカは以前の勤め先で“9521”という4桁の数字に1000万円の価値があると話していたという。しかも「青森ミカ」という名は偽名で、ミカの本名は「片桐洋子」だったことも判明する。
その後、横浜にミカの本名と同姓同名の片桐洋子(小沢真珠)という新進気鋭のファッションデザイナーが、「ブティック・9521」という店を経営していることを突き止める。店名の“9521”とはSLやまぐち号の列車番号で、洋子がブランドのロゴマークとして使用しているものだった。

番組基本情報

  • 制作年 : 2011年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ユニオン映画/TBS
  • プロデューサー : 大藤博司、元信克則
  • ディレクター・監督 : 吉川一義
  • 脚本 : 中野顕彰
TBS1 TBS2