パートタイム裁判官2

出演

水谷豊、床嶋佳子、大空真弓、小野武彦、仁科亜希子、小出由華、森脇史登、石井洋祐、駒塚由衣、遠山俊也、柳下李里、平野稔、池田道枝、田山涼成、市川勇、片桐竜次 ほか

  • 来月放送
  • HD

水谷豊主演「パートタイム裁判官」シリーズ第2弾。普段は弁護士の成田望(水谷豊)は、平成16年に実施された非常勤裁判官制度(経験5年以上の弁護士が週に一度だけ裁判官になる制度)により、パートタイムで裁判官になる。そんな望が非常勤裁判官として担当したペットにまつわる調停は、殺人事件にまで広がっていき…。非常勤裁判官の望は、弁護士らに任せておくべき調査を自ら行ってしまうなど、少し型破り。だからこそ行き着くことのできる真実とは!?
【ストーリー】
ある日、成田望(水谷豊)は弁護士として担当している窃盗事件の被告人・柳田(石井洋祐)と接見していた。帰宅すると見知らぬ犬がいた。裁判官をしている妻・柚子(床嶋佳子)が同僚から“ガジロウ”という犬を預かってきたのだ。
週に一度の裁判官になる日。望が担当するのは「放し飼い犬飼育差止め等請求調停申立事件」という裁判だ。事件は、家具製造業をしている横山周造(小野武彦)が、閑静な住宅地でアリスという犬を放し飼いにして、近隣住民の安眠や生活に支障をきたしているというもの。裁判官として調停に入る望だったが、被害者の人たちに対する横山の投げやりな態度がどうしても気になる。
犬が苦手だった望も、徐々にガジロウに愛情を抱き始めていた。ある日、ガジロウとの散歩中、横山は以前に“ハナ”という犬を飼っていた事を知る。さらに、ハナが亡くなったのは動物病院の医療過誤が原因との疑いがあった。横山は、その院長・関口昌則(遠山俊也)を相手に裁判沙汰まで起こしたが、裁判では立証できなかったという。
裁判官の心得、「私知を禁ず」。これは、裁判官は個人的に情報を仕入れてはいけないという意味。望は“書類だけでは分からないことがあるのではないか”と違反の疑いをかけられることも省みずに横山の家を訪れたり、横山に訴えられた病院のことまで調べ出す。すると院長が、毎晩横山に連れられた大きな犬・アリスの鳴き声に悩まされ、ノイローゼで自殺していたことが発覚する。 そして自ら足を運んで調べていくうちに、望はある疑問に思い至る…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : オセロット/TBS
  • プロデューサー : 赤司学文、石川好弘
  • ディレクター・監督 : 吉川一義
  • 脚本 : 石原武龍

TBSチャンネル1

来月 1/26(金)午後5:50〜午後7:30

2017年12月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2018年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 1/26(金) 午後5:50〜午後7:30
    • TBSチャンネル1
TBS1 TBS2