税務調査官・窓際太郎の事件簿21

出演

小林稔侍、麻生祐未、渡辺いっけい、出川哲朗、小林千晴、北村総一朗、中本賢、相島一之、大河内浩、上田耕一、岡まゆみ、鈴木あきえ、岡本麗、岸博之、田窪一世、大浜直樹、岡安章介、潮見諭、相馬圭祐、若松俊秀 ほか

  • 今月放送
  • HD

小林稔侍主演「窓際太郎の事件簿」シリーズ第21弾。表向きは東京国税局から世田谷南税務署に大左遷されたダメ税務署員。しかし、本当は政財界の癒着を暴く国税局の陰の査察官という“窓際太郎”こと窓辺太郎。今回はなんと太郎が国税局をクビになって派遣村に!? もちろんいつものように税金の豆知識も紹介。「退職金にはどのくらい税金がかかるの?」という疑問を太郎がわかりやすく解説している。

【ストーリー】
世田谷区南税務署の窓辺太郎(小林稔侍)は「窓際」と呼ばれているが、国税局査察部長・森村(北村総一朗)の命を受けて悪を懲らす陰の税務調査官なのだ。
ある日、太郎は森村に呼び出され「国税局を辞めてくれ」と言われる。驚く太郎に森村は、天下りを繰り返し、今は仙台で悠々自適の生活を送っているという国交省の元事務次官・菱川三夫(大河内浩)を調べるよう命じた。菱川は失業者救済センターというボランティア団体を立ち上げ、わざわざ東京から失業者たちを仙台に連れて行き、建設現場で働かせているらしい。しかしその実態は掴めていないというのだ。また、菱川の周辺を調べていた宮城日報の記者・足立昭信(潮見諭)が何者かに殺されていた。菱川と民自党の大物代議士・滝沢洋介(上田耕一)の癒着の噂もあった。太郎が菱川の失業者救済センターと接触するために派遣村に潜り込むには国税局を辞めるしかなかった。
早速行動を開始した太郎はリストラされた男たちが集まる公園で、国交省にいたという石塚幹夫(中本賢)と元商社マンだという伊藤寛人(相島一之)と知り合う。石塚には入院中の妻・栄子(岡まゆみ)と結婚を控えた娘・真理(鈴木あきえ)がいたが、妻の療養費がかさんだため、国交省を辞めて退職金を得るしかなかったという。石塚の事情に同情する太郎だったが、石塚と菱川が話をしているところを目撃してしまう。

番組基本情報

  • 制作年 : 2010年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : Joker/TBS
  • プロデューサー : 大川博史
  • ディレクター・監督 : 中山史郎
  • 脚本 : 倉成柊一郎

TBSチャンネル1

今月 12/8(金)午前7:00〜午前8:40

2017年12月
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
2018年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 12/8(金) 午前7:00〜午前8:40
    • TBSチャンネル1
TBS1 TBS2