血痕 警科研・湯川愛子の鑑定ファイル

出演

竹下景子、三船美佳、夏八木勲、佐野泰臣、望月太郎、相本久美子、渡辺琢磨、深浦加奈子、鈴木ヒロミツ、松田悟志、菊池均也、志村東吾、須永慶、沼崎悠、中根徹、大塚幸太、永山たかし、徳井優、田川恵理、津山登志子、三谷侑未、越村公一、御園まゆ美 ほか

  • 放送未定

竹下景子主演「血痕」シリーズ第1弾。犯罪捜査の裏方として証拠固めを支える科学分析のエキスパート・湯川愛子(竹下景子)の活躍を描く。クールな研究官の顔と娘の母親として情を併せ持ち、親子の血の問題が微妙にからんだ難事件を地道に解きほぐしてゆく。警科研(=中央警察科学研究所)の研究官たちは血液鑑定、DNA鑑定などの最新の捜査技術を駆使して犯罪の真実に迫る。複雑化・凶悪化する現代の難事件に挑む警察にとって頼もしい存在だ。愛子が働く「中央警察科学研究所」は実在の施設がモデル。本物の機材も使い、知られざる犯罪捜査の裏側をリアルに描き出す。
【ストーリー】
長野県松本市で病院の院長夫婦が殺された。夫・城山則文(望月太郎)は金属バットで殴られ、妻・春江(相本久美子)は首を絞められていた。警察は事件直後から行方が分からない高校生の息子・剛(つよし・渡辺琢磨)の犯行とにらむ。県警の秋津幸三警部補(夏八木勲)は犯行現場に残された血痕に注目。夫妻の血液型はどちらもA型だったが、犯人のものと思われるそれはAB型だった。A型の両親からAB型の子供が生まれることはあり得ない。剛は真犯人なのか、それとも他に…。
秋津は念のため、東京の中央警察科学研究所(=警科研)に改めて血液鑑定を依頼。研究官・湯川愛子(竹下景子)の鑑定でも血液型はABだった。一方、愛子の娘で看護師の朋美(三船美佳)は、川上千佳(田川恵理)という患者を担当していた。千佳は剛の同級生で「剛は絶対に両親を殺すような子ではない」と言う。その話を朋美から聞いた愛子は、自分の目で犯行現場を見ようと助手・杉山博史(松田悟志)と共に松本へ向かう。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 東阪企画/TBS
  • プロデューサー : 大下晴義、横山千賀
  • ディレクター・監督 : 堀川とんこう
  • 脚本 : 坂田義和
TBS1 TBS2