世直し公務員 ザ・公証人8

出演

渡瀬恒彦、竹内都子、沖直未、山本麻生、森雅晴、片桐竜次、犬塚弘、渡辺梓、中原果南、石井洋祐、勝部演之、長谷川稀世、織田美織、蟹江敬三 ほか

  • 放送未定

渡瀬恒彦主演「ザ・公証人」シリーズ第8弾。今回は、女性保険勧誘員の相談が発端になり殺人事件に巻き込まれる。 不安を感じる相談者に「遺言書は遺書とは違う。遺言書は安心して長生きするために書くものです」と真山は優しく語る。ドラマ内では遺言書の作成や、未成年者に後見人を指名する場合の問題点や心構えなどが、わかりやすく紹介される。セリフに登場する法律用語はテロップで丁寧に解説され、犯人探しの謎解きを推理しながら、日常生活に役立ちそうな法律の知識を学べるのも、このシリーズならではの楽しみだ。
【ストーリー】
保険勧誘員・柳井布由子(渡辺梓)が公証人役場に真山壱成(渡瀬恒彦)を訪ねてきた。布由子はガンの治療をしたが再発の恐れもあり、高校生の娘・まさみ(織田美織)の将来に不安を感じていた。布由子は自分の死後、離婚した元夫・野口孝雄(石井洋祐)に親権が復活すると困ると表情を曇らせる。真山は遺言書を作成して、まさみの未成年後見人を指定したらいいとアドバイスする。だが、布由子の妹・奈津子(中原果南)が密かに家屋を担保にして多額の借金をしている事実が判明。まさみの後見人指定にも不安が生じる。恋人の吉村一樹(大柴隼人)と共同で始めた美容室の開店資金に借りただけだと開き直る奈津子。父・昭吾(勝部演之)は激怒し、母親・治子(長谷川稀世)はうろたえるばかり。真山が布由子に別の方法を提案した矢先、一樹が死体で発見された。奈津子は布由子が犯人に違いないと叫び、取り乱すが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2009年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : オセロット/TBS
  • プロデューサー : 赤司学文、石川好弘
  • ディレクター・監督 : 増田天平
  • 脚本 : 金谷祐子
TBS1 TBS2