金田一耕助シリーズ「獄門島」

出演

古谷一行、秋吉久美子、名古屋章、織本順吉、北村総一朗、櫻井淳子、沢木蘭野、木内美穂、宮下順子、藤木直人、金田龍之介、絵沢萠子、光石研、島英人、安藤一人、谷啓 ほか

  • 放送未定

古谷一行主演・金田一耕助シリーズの単発ドラマ版第25作。「獄門島」は横溝正史作品の中でも、何度もテレビ・映画で映像化されている代表作のひとつ。金田一が訪れた獄門島で連続殺人事件が発生! その裏に隠されているものは…。

【ストーリー】
金田一耕助(古谷一行)は、友人・本鬼頭千万太(ほんきとうちまた・安藤一人)の遺骨を届けるため、彼の故郷である瀬戸内海の獄門島に向かう。本鬼頭家の女主人・早苗(秋吉久美子)、同家の後見人にあたる千光寺住職・了然(名古屋章)、村医の村瀬幸庵(織本順吉)、村長の荒木真喜平(北村総一朗)に迎えられ、金田一は通夜に列席。
その夜、千万太の腹違いの三姉妹・月代(櫻井淳子)、雪枝(沢木蘭野)、花子(木内美穂)のうち、三女の花子が殺され、梅の木に逆さ吊りの状態で発見される。金田一の脳裏には千万太が死ぬ直前に言った「早く獄門島へ帰らないと、妹たちが殺される」という言葉がよぎる。さらに花子の死から数日後、次女の雪枝が釣鐘の下で殺される。絞殺後に釣鐘の中に入れられていたのだ。金田一が島に訪れてから、次々と起こる殺人。この猟奇的な連続殺人の謎を解くため金田一は、複雑な獄門島の人間関係から調べ始める。

番組基本情報

  • 制作年 : 1997年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : 東阪企画/TBS
  • プロデューサー : 大下晴義、堀貞雄
  • ディレクター・監督 : 関本郁夫
  • 原作 : 横溝正史
  • 脚本 : 和久田正明
TBS1 TBS2