ジョシデカ!−女子刑事−

出演

仲間由紀恵、泉ピン子、片平なぎさ、リュ・シウォン、益岡徹、大倉孝二、袴田吉彦、田中哲司、鈴木浩介、入江慎也、大浦龍宇一、金子昇、吉瀬美智子、鈴木みのる、眞野裕子、いしだ壱成、入山法子、宮地雅子、デビット伊東、名高達男、水沢アキ、パク・ソヒ、麻生祐未、宮川一朗太、ジン・グ ほか

  • 放送未定

仲間由紀恵演じる「射撃の腕しか取り柄のない人情派の新人女刑事」と、泉ピン子演じる「検挙率ナンバーワンで厳しさにかけては誰にも負けないベテラン女刑事」。この全く相容れない2人が、事あるごとに対立し、時には友情を育み、憎しみ合い助け合い、泣きながら笑いながらも連続殺人犯が仕掛けた謎に迫る、新しいカタチの刑事ドラマ「ジョシデカ!−女子刑事−」。これまで男の刑事コンビが活躍する映画・ドラマのヒット作は数多くあれど、その常識を打ち崩す女性刑事どうしのコンビが画面狭しと大活躍する。今作が初顔合わせとなる仲間由紀恵&泉ピン子の最強タッグに加え、“韓流のプリンス”リュ・シウォン、“2時間ドラマの女王”片平なぎさら個性派の俳優陣をズラリと揃え、刑事ドラマに新たな風を吹き込む。

畑山来実(仲間由紀恵)は、拳銃の腕だけが取り柄の警視庁巡査。地域課の交番勤務から、刑事として日暮署に赴任した。だが、刑事課に配属早々コンビを組むことになったのは、部下を“潰す”ことで有名なベテラン女刑事・桜華子(泉ピン子)だった。華子はいつもの調子で来実を鍛えようとするが、想定外の来実の行動に振り回され、署内で検挙率ナンバーワンを誇っていた華子は足を引っ張られる形になる。しかし、華子も来実が熱い心で事件と向き合い、懸命に捜査する姿をみるうち、自分がいつしか忘れてしまった刑事としての初心を思い出していく。来実もまた華子に「くそばばあ」と悪態をつきながらも影響を受け、成長してゆく。
そして、来実が憧れる警察学校時代の教官・岩代百枝(片平なぎさ)や、華子が唯一心を開き、自分の息子のように可愛がって居候させている韓国人青年のパク・ジウォン(リュ・シウォン)、所轄や警視庁の面々も加わり、来実と華子は謎の連続殺人事件解決に挑んでゆく…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 10話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 鈴木早苗、武藤淳
  • ディレクター・監督 : 平野俊一、清弘誠、武藤淳、韓哲
  • 脚本 : 秦建日子
  • 主題歌 : 小さな掌
  • 歌手 : Aqua Timez

エピソードリスト

#1 激突!女のバトル!最低最悪コンビ誕生!

#1 激突!女のバトル!最低最悪コンビ誕生!

日暮署刑事課の刑事として着任した畑山来実(仲間由紀恵)。配属早々コンビを組むことになったのは、下につく者を「潰す」と有名な女刑事・桜華子(泉ピン子)で…。

#2 偽名、偶然の一致、広がる連続殺人事件の謎

#2 偽名、偶然の一致、広がる連続殺人事件の謎

次から次へと連続して起こる殺人事件。ついに、来実(仲間由紀恵)と華子(泉ピン子)が無事救出したはずの佐藤有希(入山法子)が4人目の犠牲者となってしまった。

#3 車上荒らしが盗んだ連続殺人犯の手がかり

#3 車上荒らしが盗んだ連続殺人犯の手がかり

連続殺人事件4人目の被害者・佐藤有希(入山法子)は偽名で、本名は時田梨恵子という名の大企業の社長令嬢であることがわかった。なぜ偽名を使う必要があったのか…。

#4 連続殺人事件第五の犯行予告と失踪した少女

#4 連続殺人事件第五の犯行予告と失踪した少女

連続殺人事件の容疑者を捕らえた来実(仲間由紀恵)は、新たな手掛かりを捜すため、容疑者同行のもと家宅捜査を行うが…。

#5 捜査線上に浮かんだ意外な容疑者

#5 捜査線上に浮かんだ意外な容疑者

連続殺人事件1人目の被害者の娘・美帆(鈴木理子)が行方不明になってしまった。同じ頃、捜査本部に連続殺人犯からと思われる予告状が届く。

#6 強行された第五の殺人

#6 強行された第五の殺人

連続殺人事件4人目の被害者・時田梨恵子(入山法子)の父親、時田章吾(名高達男)の屋敷を訪れたパク(リュ・シウォン)。何やらお互いを知っている様子の2人は…。

#7 連続殺人犯は身近な人間

#7 連続殺人犯は身近な人間

日暮署刑事たちは事件解決へ向け、これまでの事件をもう一度洗い直してみることに。すると犯人は警察内部にいる可能性が出てきた。

#8 悲劇的な結末

#8 悲劇的な結末

連続殺人の犯人だと名乗る男、鎌谷武(宮川一朗太)が自首して来る。取り調べに対し、2件目の殺害は認めたものの、それ以外の事件については関係がないと主張し…。

#9 犯人はあの人

#9 犯人はあの人

山木早代という謎の女の跡を追う日暮署刑事課。署内で「山木を見た」という鎌谷(宮川一朗太)の言葉に、来実(仲間由紀恵)は鎌谷を連れて署内を歩き回るが…。

#10 LAST 最後の対決

#10 LAST 最後の対決

連続殺人事件の被害者は放置自転車の常連だったという手掛かりを掴んだ来実(仲間由紀恵)ら。捜査上には来実が尊敬する岩代(片平なぎさ)の名前が浮かび上がる。

さらに読み込む

TBS1 TBS2