新選組始末記「鳥羽・伏見の戦い−前編・後編−」

出演

中村竹弥、明智十三郎、戸浦六宏、山岡徹也、喜多川千鶴、服部哲治、湊俊一、玉川伊佐男、二階堂有希子、高田健二、大沢真吾、佐田周二、外山高士、浅野進次郎、浅香春彦、槙章太郎、上田忠好 ほか 【ナレーター】芥川隆行

昭和36年10月から翌年12月まで全63回にわたってTBS(当時・KRT)で放送された、子母沢寛原作・中村竹弥主演の娯楽時代劇「新選組始末記」。その中から、第55・56回の「鳥羽・伏見の戦い」前編・後編を放送する。この回は、中村版「新選組始末記」では唯一映像が残っている貴重なもの。その後も多くのテレビ時代劇に出演した、まさに“テレビが生んだ時代劇スター・中村竹弥”の映像としては、TBSライブラリー最古のものとなる貴重な作品である。
物語は、中村演じる近藤勇ら新選組をはじめとする、幕末の男達の生き様を描く。
【ストーリー】
《前編》慶応4年(1868年)1月3日、薩長連合軍は京都に攻め上り、鳥羽・伏見において幕府軍との戦闘が開始された。世に言う戊辰戦争の始まりである。新選組も幕府軍の戦力として戦いに参戦する。だが、彼らの奮闘もむなしく、戦いは薩長軍優勢で進んでいく。大坂城に詰めていた新選組局長・近藤勇(中村竹弥)は、不利な戦況に対し、苦悩を深めていく…。
《後編》何とか突破口を開きたい新選組だが、大勢はすでに決し、薩長軍の圧勝で戦いは終結。副長・土方歳三(戸浦六宏)率いる新選組の前線部隊は、敵軍勢に包囲されてしまう…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1962年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS
  • ディレクター・監督 : 山本和夫
  • 原作 : 子母沢寛
  • 脚本 : 太田久行、生田直親
  • 主題歌 : 新撰組の唄
  • 歌手 : 三橋美智也
  • その他 : ※モノクロ作品
TBS1 TBS2