森村誠一サスペンス6 唄

出演

三浦友和、野際陽子、原日出子、河相我聞、喜多嶋舞、浅野和之、北原佐和子、須藤温子、今井悠貴、丸岡奨詞、青島健介、田中伸一、潮哲也、渡辺航、古川理科、保積ペペ、大出俊、青山勝、佐野圭亮 ほか

  • 放送未定

森村誠一サスペンス・一文字タイトルシリーズ第6弾。今回の「唄」は、難解な事件ながら、息子を誘拐された親、娘が事故にあった親、と親子の情愛に溢れる、感動のストーリーに仕上がっている。ヒントは、タイトルの通り「唄」。子供が呟く数え歌が、祐介の心に何かしらのヒントを与える。しかも、白昼堂々と公園という人気の多い場所での誘拐と言う事件に、祐介の疑問は、捜査へのこだわりへと変わる。
【ストーリー】
子供が白昼に誘拐された。世田谷西署の警部補・川合祐介(三浦友和)と、同刑事の平田克昭(河相我聞)が捜査に向かう。祐介の到着後すぐに、電話が鳴る。父親の宮本洋一郎(浅野和之)が電話に出ると、翌日の1時に3000万円の身代金の受け渡しを要求する。息子の声を聞かせてくれと頼むが、犯人は「今、人形で遊んでいるので心配はいらない」と告げる。男なのに人形で遊んでいるのか聞き返すが、犯人はあわてて電話を切る。
身代金の受け渡しの日、犯人の誘導通り、東京の池袋、渋谷と向かい、新宿の高層ビル群にやってきた宮本。犯人はあるホテルを指定し、指定の部屋にチェックインするよう指示する。宮本が指示通りその部屋に向かうと、犯人は、指定した部屋の窓から身代金入りの鞄を投げるように指示。結果、下に落ちた鞄を犯人はさらっていった。
このホテルの構造に詳しいものが容疑者であろうと、警察は、かつてこのホテルに勤務し、今は借金にまみれている、塚越正也(渡辺航)を犯人と断定。ところが、塚越を追い詰めたところで、逃走を図ろうとした際の事故で彼は亡くなってしまう。塚越の死後、潜伏先などを当たった警察は、子供の気配がなかったことに疑問を感じる。そんな時、祐介は、最初の電話の際の、男の子なのに人形で遊んでいたということを思い出す。祐介は、塚越が付き合っている女を調べ始めるが…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2006年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : スイートベイジル/TBS
  • プロデューサー : 吉田由二
  • ディレクター・監督 : 小澤啓一
  • 原作 : 森村誠一
  • 脚本 : 安井国穂
  • その他 : ※タイトルの「(6)」は正式には、○の中に「6」です。システムの都合上「(6)」となっております。
TBS1 TBS2