森村誠一サスペンス5 音

出演

三浦友和、野際陽子、原日出子、根本りつ子、河相我聞、岸田敏志、神保悟志、エド山口、布川敏和、石濱朗、潮哲也 ほか

  • 放送未定

森村誠一サスペンス・一文字タイトルシリーズ第5弾。視覚を奪われたものが、それを補うために他の感覚が異様に鋭くなるという事実は良く知られているが、この作品はそれを謎解きに使って効果を上げている。友人の自殺というやりきれない事実の背後に垣間見える事件の闇に、悩み、苦しむ人間的な刑事・川合祐介が踏み込んでゆく。
【ストーリー】
乱闘の際に鉄パイプで顔面を殴られた警部補・川合祐介(三浦友和)は網膜に裂傷を受け失明の可能性もあると医師に宣告される。目に包帯を巻いての生活を余儀なくされた祐介は別れた妻で看護師をしている美恵(原日出子)と一人娘の美希(須藤温子)が暮らす部屋で面倒を見てもらうことになった。
それから1カ月、目の見えない生活を続けてきた祐介は、聴覚が敏感になっていることに気付く。包帯のとれる前日、高校の同級生で医師の中崎(岸田敏志)から電話が入った。田岡記念病院に勤務している中崎は、自分の病院の眼科医を祐介に紹介してくれていたのだ。中崎は翌日に祐介の包帯がとれることを知り、快気祝いをしようと誘ってくれた。電話の向こうで犬の吠え声がするのに気付いた祐介が話をふると、中崎は妻の響子の誕生日に犬をプレゼントしたのだと答えた。さらに、話の弾みに中崎が「何が医者の正義かわからなくなった」と漏らす。祐介はその意味を問いただしたが、中崎は言葉を濁した。ちょうどその時、中崎の部屋でチャイムが鳴り、中崎は電話をつないだまま来訪者に対応した。祐介が、電話の向こうの音を聞いていると、犬の吠え声が不意に甘えたものに変わった。電話口に戻った中崎は客が来たからと祐介に別れを告げた。
翌日包帯もとれ、外科の診察室を訪ねた祐介は中崎が欠勤していることを知る。胸騒ぎを覚える祐介は上司の小暮涼子警部(野際陽子)から電話で中崎の死を告げられる。祐介が中崎のマンションに急行すると、中崎はドアノブにロープをかけて首を吊る形で死んでいた。死亡推定時刻は、前日祐介との会話を終えた直後である。現場の状況から自殺の線が濃厚だったが、祐介には中崎が自殺するとは考えられなかった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : スイートベイジル/TBS
  • プロデューサー : 吉田由二
  • ディレクター・監督 : 小澤啓一
  • 原作 : 森村誠一
  • 脚本 : 林誠人
  • その他 : ※タイトルの「(5)」は正式には、○の中に「5」です。システムの都合上「(5)」となっております。
TBS1 TBS2