森村誠一サスペンス4 街

出演

三浦友和、野際陽子、原日出子、須藤温子、河相我聞、中山 忍、石橋奈美、川崎麻世、京晋佑、六平直政、松尾貴史 ほか

  • 放送未定

森村誠一サスペンス・一文字タイトルシリーズ第4弾。森村誠一の代表作「街(まち)」は、1997年に他局でドラマ化されたが、本作は2004年版。タイトルが記すとおり主役は街。さまざまな欲望・さまざまな感情を持った人間たちが、時に出会い、時にすれ違う大都会。そしてもうひとつの主役は露天商が売る安物の真鍮でできたネックレス。たった1本のネックレスが3つの殺人事件を引き起こす。
「仕事」と「家族」への思いが微妙に交差するバツイチ刑事を三浦友和、 主人公の川合に捜査のヒントを与える警部役に野際陽子。
【ストーリー】
女子大生が殺され、なぜかネックレスだけが奪われた。その捜査の最中、世田谷西署の川合(三浦友和)は、立科由里(石橋奈美)という若い女性から、相談したい事があるとの電話を受ける。川合は1年前のある事件がきっかけで、北海道から歌手を目指して上京した由里と知り合ったのだった。だが、彼女は、電話してきた翌日、絞殺死体となって発見される。川合は彼女の遺留品のネックレスに注目する。地道な捜査で、ネックレスを売ったという人物を突き止める。ネックレスは、露天商のカトマンズ(六平直政)の手作りで、女子大生が買おうとしたとき、横から若い女を連れた中年男が割り込んできたという。カトマンズは、何十倍でも金を出すからと食い下がる男を断って、そのネックレスを女子大生に売った。二つの殺人事件はネックレスで繋がっていた。川合は由里が働いていたクラブで、彼女が経営者の中岡(京晋佑)の愛人になっていたことを知る。ネックレスを買いに来たのは中岡と由里ではないかと推測するが、中岡にはアリバイがあった。川合が第3の男を洗い出すと、中岡の秘書・堀口(川崎麻世)が、中岡の命令で女子大生を殺し、ネックレスを奪ったことが分かる。しかし、その堀口もまた、巧妙な手口で殺されてしまった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : スイートベイジル/TBS
  • プロデューサー : 吉田由二
  • ディレクター・監督 : 小澤啓一
  • 原作 : 森村誠一
  • 脚本 : 林誠人
  • その他 : ※タイトルの「(4)」は正式には、○の中に「4」です。システムの都合上「(4)」となっております。 ※川崎麻世の「崎」は正式には、「大」が「立」です。システムの都合上「崎」となっております。
TBS1 TBS2