森村誠一サスペンス3 路

出演

三浦友和、野際陽子、原日出子、山田純大、吉本多香美 ほか

  • 放送未定

森村誠一サスペンス・一文字タイトルシリーズ第3弾。刑事・川合祐介が連続殺人事件と3年前に起きた死亡事故の真相を追う。好きになった女性に心ひかれ、捜査状況をもらしてしまった若い刑事。そのことが捜査に重要な障害をもたらすことに。今回は、刑事としての岐路に立った若い刑事の心の葛藤を軸に描き、それを何とか立ち直らせて、ひとつの「路」に導こうと努力するベテラン刑事の心境を余すところ無く描いていく。 山田純大が犯人と思われる男の妹に、恋心を抱いてしまう重要な役柄を熱演する。
【ストーリー】
タクシー運転手・長尾が殺害された。世田谷西署警部補の川合(三浦友和)は、長尾の携帯電話の履歴から翻訳家・木部(冨家規政)の存在を知る。川合は木部邸を訪れるが、木部は親から譲り受けた自宅をレストラン経営者の大田夫妻に売却し、姿をくらましていた。小暮警部(野際陽子)の命令で川合は、長尾と木部の関係を洗い出す。
そんな中、川合の部下の三宅(山田純大)がその捜査情報を木部の妹・亜紀(吉本多香美)に不用意に漏らす失態を犯してしまう。亜紀にほのかな恋心を抱いていた三宅の心の隙だった。やがて、木部邸の売買に携わった不動産会社社員・志垣が死体で発見された。その後、川合は長尾の部屋に残された「釣り道具」をキーワードに、木部・長尾・志垣の3人が釣り仲間だったことを突き止める。彼らはいずれも3年前に海釣りを止めている事実も判明。そして、そのことが3年前に起きた江の島での女流画家・吉宮恵子の転落死事件に関係していると推測する。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : スイートベイジル/TBS
  • プロデューサー : 吉田由二
  • ディレクター・監督 : 小澤啓一
  • 原作 : 森村誠一
  • 脚本 : 石倉保志
  • その他 : ※タイトルの「(3)」は正式には、○の中に「3」です。システムの都合上「(3)」となっております。
TBS1 TBS2