決定版!蒲田行進曲

出演

大原麗子、沖雅也、柄本明、美保純、川島なお美、有馬稲子、小野武彦、高松英郎、岡本麗、斎藤晴彦、野村昭子、石井均、萩原流行、尾美としのり、宮田吉雄、不破万作、酒井敏也、南部寅太、高野嗣郎、小菅啓未、玉村駿太郎、細山英男、四頭謙、平山雅代 ほか

  • 放送未定

つかこうへい原作の「蒲田行進曲」は、深作欣二監督により映画化もされた作品。今回放送するドラマ版は、つか自らの脚本・演出・キャスティングで実現した作品。主演の小夏役には大原麗子、銀四郎とヤスには沖雅也と柄本明という当時としては異色の顔合わせとなった。ドラマは前編・後編の2部構成。前編は小夏とヤスが一緒に暮らすようになるまでの顛末を、後編は物語最大の山場“階段落ち”に至るまでを、微妙に揺れ動く登場人物の心理を中心に描いていく。
【ストーリー】
京都の映画撮影所。落ち目の女優・小夏(大原麗子)は、売り出し中の後輩女優から言いがかりをつけられ作品を降ろされてしまう。このころ、小夏は激しいつわりに襲われていた。彼女は、スター候補の俳優仲間・銀四郎(沖雅也)の子を宿していたのだ。小夏は結婚をほのめかすが、これからスター街道をのし上がっていこうと考えている銀四郎はスキャンダルを恐れ、これをはぐらかす。このころ、彼は名家の令嬢に熱を上げていた。そんな銀四郎を憧れ、慕う男がいた。大部屋俳優のヤス(柄本明)だった。ヤスは銀四郎のためなら、とことん尽くすことを心に決めていた。
ある日、突然、ヤスのアパートに小夏を伴ってやってきた銀四郎の姿があった。以前から小夏のファンだったヤスは驚く。そんなヤスに対し銀四郎は、「おれを助けると思ってこいつ(小夏)と一緒になってくれ」と切り出す。人のいいヤスは銀四郎の迫力に押されて折れてしまい、婚姻届にハンコを押す…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1983年
  • 全話数 : 2話
  • 制作 : TBS
  • プロデューサー : 大山勝美、市川哲夫、峰岸進
  • ディレクター・監督 : つかこうへい、赤地偉史
  • 原作 : つかこうへい
  • 脚本 : つかこうへい
  • 主題歌 : このままで(挿入歌)
  • 歌手 : カルメン・マキ&5X
TBS1 TBS2