横山秀夫サスペンス 三ツ鐘署シリーズ1「深追い」

出演

椎名桔平、羽田美智子、小野真弓、寺田農、余貴美子、平泉成 ほか

  • 放送未定

原作は横山秀夫の同名短編(『深追い』所収)。地方都市の警察署三ツ鐘署を舞台に、ある事故をきっかけに再燃する恋愛の行方を描く心理サスペンス。「深追い」…どこまでも深く追うこと。時に相手を追い詰め、追い込みすぎて、逃げ場をなくす。深追いが裏目に出る。この物語はまさにこの「深追い」がキーワード。主人公の秋葉(椎名桔平)もまたそれと気づかずに、深追いしすぎたあまり…。ドラマでは秋葉の初恋相手・明子(羽田美智子)に対する愛情表現が、原作の世界観を損なうことなく加えられ、切ない大人の恋愛を濃密に描く作品に仕上がった。

【ストーリー】
秋葉和彦(椎名桔平)は神奈川県警三ツ鐘署交通課の事故処理係。しかし、3年前に秋葉が追跡していた不審車両が事故を起こし運転手が焼死。マスコミは一斉に「深追い」だと騒ぎ立て、秋葉は郊外の三ツ鐘署に左遷された。
それから3年、三ツ鐘署管内で交通事故が起こった。高田という男が自転車に乗っていてトラックにはねられたのだ。その事故現場で秋葉は高田の遺留品からある写真を発見して驚く。それは自分の初恋相手・明子(羽田美智子)の写真だったのだ。明子は、死んだ高田の妻なのか…。われに返った秋葉は、現場に落ちているポケベルに気づく。拾ってみるとやがてポケベルが震え出した。「コンヤハ カレー デス」。明子が高田に宛てたメッセージか…。秋葉は、そのポケベルをこっそりしまいこむ。秋葉は高田の通夜に出向いた。喪主を務めて憔悴した明子に、秋葉は声を掛けることもできず立ち去るしかなかった。数日後、再びポケベルが震え出し、秋葉は思い切って彼女の家を訪ねた。その後もポケベルは震え、秋葉はポケベルが鳴った日にだけ明子を訪ねるというルールを守り続ける。明子も秋葉がポケベルを持っていることに気付いているはずだった…。
秋葉が明子の家に入りびたっているという噂が三ツ鐘署中に広まり、ある日、秋葉は署長の山根に呼び出される。山根は秋葉の不品行を叱責し、彼女の家には他の男も出入りしていると付け加えた。その秋葉の胸でポケベルが震え出した。「オハナシ シタイコトガ アリマス」。秋葉の心に次々と疑念が沸き起こってくる…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : コブラピクチャーズ/TBS
  • プロデューサー : 越智貞夫、杉本明千世
  • ディレクター・監督 : 榎戸耕史
  • 原作 : 横山秀夫
  • 脚本 : 窪田信介
TBS1 TBS2