横山秀夫サスペンス「囚人のジレンマ」

出演

橋爪功、伊武雅刀、段田安則、金子賢、上田耕一、寺田農、石橋凌 ほか

  • 放送未定

横山秀夫サスペンスシリーズ。本作の主演は刑事課長・田畑昭信役の橋爪功。同時に起きた殺人事件と人間関係との間で苦悩する中間管理職の悲哀を全編にわたって表現している。また本作はこれまでの集大成ともいえる作品で、段田安則、石橋凌、伊武雅刀、金子賢と各シリーズの主人公たちが一堂に会し、田畑課長のもとでクセのある刑事を演じている。

【ストーリー】
山梨県警捜査一課強行犯係には3つの班があり、その全てがここ5年間の検挙率はほぼ百パーセントで「最強軍団」と呼ばれていた。3つの班にはそれぞれ特徴のある班長がいる。一班班長の朽木、二班班長の楠見(段田安則)、そして三班班長の村瀬(伊武雅刀)。それぞれがお互いに強烈なライバル意識をもち、鎬を削っていた。そんな捜査一課強行犯係の3つの班をまとめるのが捜査一課課長の田畑(橋爪功)だ。
立て続けに3件の殺人事件が起こり、捜査一課の全ての刑事が捜査に駆り出される。最初に起こった主婦絞殺事件には一班、次いで起こった証券マン焼殺事件は三班が担当。しかし一班班長の朽木は現在強盗殺人犯を追ってアメリカへ飛んでいるため、以前に三班班長代理として事件を解決した東出(石橋凌)が異例の一班班長代理に就いていた。一班が担当する主婦絞殺事件と三班の証券マン焼殺事件とも容疑者は絞れているが、決め手となる証拠がなく捜査は難航していた。そこに、さらに調理師殺人事件が起こってしまう。楠見から調理師殺人事件の容疑者として被害者の妻を取り調べるとの報告が上がってくる。確たる物証もないまま妻を引っ張るという楠見に田畑は止めるよう命じるが、楠見はそれを無視して独自路線をとる。進まない捜査と上司からのプレッシャー、部下たちの独善的な行動、記者との情報戦、先輩刑事の境遇…。様々な要因から田畑は次第にジレンマに陥っていく…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : コブラピクチャーズ/TBS
  • プロデューサー : 杉本明千世
  • ディレクター・監督 : 榎戸耕史
  • 原作 : 横山秀夫
  • 脚本 : 久松真一
TBS1 TBS2