横山秀夫サスペンス「密室の抜け穴」

出演

石橋凌、伊武雅刀、隆大介、光石研、小林恵、寺田農 ほか

  • 放送未定

横山秀夫サスペンスシリーズ。殺人事件の容疑者がマンションから消えた。犯人を逃した責任者捜しの捜査会議が始まる。密室に作られた抜け穴とは一体…。石橋凌、伊武雅刀、隆大介、丹古母鬼馬二、寺田農、橋爪功ら錚々たる面々が一堂に会したハードボイルドな刑事ドラマ。警察という組織のなかで渦巻く人間関係の葛藤、そして解決しない事件。小さな会議室を舞台に“様々な思い”が錯綜する。

【ストーリー】
県境の山林で白骨死体が見つかった。死後かなりの時間が経過しており捜査は難航を極めることが予想された。この事件を担当する捜査課三班の東出(石橋凌)は、捜査中に脳梗塞で倒れた班長・村瀬(伊武雅刀)に替わって班長代理に任命される。しかし三班内部では東出が先に昇進したことで同期の石上(隆大介)が強烈なライバル意識を剥き出しにしており、チームワークはバラバラだった。石上が命令を無視して独自の調査をするなど、この最悪な捜査の進行状況に東出は頭を悩ませる。
村瀬の言葉を頼りに、東出は捜査対象を暴力団関係者に絞り込むよう指示する。程なくして早野という人物が捜査線上に挙がった。村瀬の代役という重圧と石上に対する優位意識から、東出は十分な証拠もないまま早野の身柄確保を強行しようとする。暴力団対策課と連携して早野を張り込むが、マンションの自室にいるはずの早野の姿は忽然と消えていた。どうやって張り込みをかいくぐって“密室”だったはずのマンションから逃走したのか。焦燥感に駈られる東出を追いつめるかのように、幹部捜査会議という名目の“責任者探し”が始まる。重苦しい時間ばかりが過ぎていくそんな時、脳梗塞で入院中だったはずの村瀬が現れた。村瀬は東出に「密室に抜け穴を作らせればいい。」とつぶやく。はたしてその発言の真意とは…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : アミューズ
  • プロデューサー : 越智貞夫
  • ディレクター・監督 : 榎戸耕史
  • 原作 : 横山秀夫
  • 脚本 : 森岡利行
TBS1 TBS2