税務調査官・窓際太郎の事件簿16

出演

小林稔侍、麻生祐未、北村総一朗、渡辺いっけい、出川哲朗、中条きよし、木内晶子、笹野高史、正司照枝、大門正明、中西良太、佐藤正宏、小林千晴、石山輝夫、舟木幸、佐伯新 ほか

  • 放送未定

小林稔侍主演「窓際太郎の事件簿」シリーズ第16弾。表向きは東京国税局から世田谷南税務署に大左遷されたダメ税務署員。しかし、本当は政財界の癒着を暴く国税局の陰の査察官という“窓際太郎”こと窓辺太郎。今回は、代議士と県議会議員の不正を追い続けていた新聞記者が殺されたという情報を基に、太郎が名古屋に向かう。そこには公共事業をめぐっての巨悪があった…。

【ストーリー】
世田谷区南税務署の窓辺太郎(小林稔侍)は「窓際」と呼ばれているが、国税局査察部長・森村(北村総一朗)の命を受けて悪を懲らす陰の税務調査官なのだ。
ある日、太郎は森村に呼ばれる。一週間前に隅田川で死体で発見された愛知日報の社会部記者・田辺進(佐伯新)について、警察に女の声で妙な電話があったという。その内容は、「田辺は民自党の代議士・長部和弘(大門正明)と愛知県議会議員の小川秀一(中条きよし)のことを調べていて殺された。その小川について調べろ」というものだった。長部は民自党の道路族の大物代議士で、検察は10年前に談合事件で追及していたが、証拠不十分で諦めて以来、未だにシッポをつかめずにいた。一方、小川は長部の金庫番を務めている男だという。田辺の死に不審な点を見出した森村は、小川を調べることによって長部に辿りつけるかもしれない、と考えた。森村の命により、太郎は名古屋に向かう…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : Joker/TBS
  • プロデューサー : 大川博史
  • ディレクター・監督 : 中山史郎
  • 脚本 : 倉成柊一郎
TBS1 TBS2