幸せになりたい!

出演

深田恭子、松下由樹、谷原章介、伊原剛志、津川雅彦、鶴見辰吾、伊藤かずえ、忍成修吾、岡田浩暉、江守徹、三船美佳、佐渡稔、田中要次、森下能幸、滝沢沙織、春日井静奈、大和田美帆、銀粉蝶、篠田拓馬、綾部守人、武野功雄、螢雪次朗、小林隆、村松利史 ほか

深田恭子、松下由樹共演の「幸せになりたい!」を放送。父親の借金を背負った娘、テレビ局の中で視聴率と格闘する女性プロデューサー。次々と襲いかかる不幸に立ち向かいながら、幸せを探し求める2人の女性。そして彼女たちに巻き込まれて、時には敵対し、時には協力しながら、ともに幸せをつかもうと頑張る周囲の人々。このドラマは、そんな人々の愛と友情と冒険を描いている。「私、ドラマのプロデューサーになれますか?」
【ストーリー】
高校3年生の浅田ひかり(深田恭子)は、病気がちの母・芳江(銀粉蝶)と小さな2人の弟・武史(篠田拓馬)、悟(綾部守人)の世話に追われる毎日。そんな中、行方不明だった父が死亡したという知らせが入る。残ったのは一千万円の借金だけ。すきま風の吹く家、おなかをすかせた弟たち、借金の返済を迫る取立て屋の晃(鶴見辰吾)と洋二(忍成修吾)…。明日のお米にさえ困る現実を前に、ひかりは高校を中退して働こうと決心。憧れの人でテレビ局UBSの社員・長谷川(谷原章介)の紹介で局内の清掃を請け負う会社に就職する。
一方、UBSのプロデューサー・永井雅子(松下由樹)は連続ドラマの視聴率不振に頭をかかえていた。制作局長・熊野(津川雅彦)からは叱責され、ドラマ部長の佐久間(伊原剛志)にはドラマの展開を見直すよう命じられる。アシスタントプロデューサーの長谷川は全く頼りにならず、余計な仕事を増やすばかり。雅子が愚痴をこぼす相手は同僚の早苗(伊藤かずえ)だけだった。
借金を返して幸せをつかみたいひかりと高視聴率を取って幸せをつかみたい雅子。こうして、2人の女性がテレビ局で出会った。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 10話
  • 制作 : ドリマックス・テレビジョン/TBS
  • プロデューサー : 大賀文子、両沢和幸、加藤章一
  • ディレクター・監督 : 両沢和幸、高野英治、松川嵩史、堀英樹
  • 脚本 : 両沢和幸
  • 主題歌 : ひまわり
  • 歌手 : Sugar

エピソードリスト

#1 Take 1 お金がない!テレビのお仕事始めます!

#1 Take 1 お金がない!テレビのお仕事始めます!

高校3年生の浅田ひかり(深田恭子)は高校を中退して働こうと決心!テレビ局UBSの社員で憧れの人、長谷川(谷原章介)の紹介で局内の清掃をしている会社に就職する。

#2 Take 2 フーゾクに就職!?

#2 Take 2 フーゾクに就職!?

ひかり(深田恭子)が小宮山(江守徹)の原稿に勝手に手を入れたせいで、雅子(松下由樹)は小宮山に平謝り。そして雅子の怒りはひかりに向かう。

#3 Take 3 命がけのロケ現場

#3 Take 3 命がけのロケ現場

ひかりは雅子(松下由樹)にドラマの制作スタッフに誘われる。ひかりは、お金を稼ぎたいだけでなくドラマの仕事にも興味を持ち、雅子のスタッフとして働くことを決心する。

#4 Take 4 ヒットさせます!!

#4 Take 4 ヒットさせます!!

雅子(松下由樹)にロスの国際部へ異動の話が持ち上がる。雅子のプロデュースするドラマの視聴率が悪いからだと熊野局長(津川雅彦)は言うが…。

#5 Take 5 クビにしないで!!

#5 Take 5 クビにしないで!!

スペシャルドラマの企画コンペに参加したひかり(深田恭子)と雅子(松下由樹)だったが、佐久間(伊原剛志)と長谷川(谷原章介)の出した企画に負けてしまう。

#6 Take 6 見かけだおしの男

#6 Take 6 見かけだおしの男

スペシャルドラマのプロデューサーを長谷川(谷原章介)と一緒にすることになった雅子(松下由樹)は、ひかり(深田恭子)をアシスタントプロデューサーに指名する。

#7 Take 7 張り込み大作戦!!

#7 Take 7 張り込み大作戦!!

スペシャルドラマの脚本家に新人・塚田美智子(あめくみちこ)を抜擢した雅子(松下由樹)だったが、突然美智子が失踪する。

#8 Take 8 さよなら母ちゃん

#8 Take 8 さよなら母ちゃん

スペシャルドラマの撮影も快調に進み、一生懸命に仕事をするひかり(深田恭子)だったが、入院中の母親・芳江(銀粉蝶)の容態が急変する。

#9 Take 9 新しいお仕事!?

#9 Take 9 新しいお仕事!?

ひかり(深田恭子)の母・芳江(銀粉蝶)が息を引き取った。そのお通夜の席に、晃(鶴見辰吾)と洋二(忍成修吾)たちが返済の滞っている借金の取立てにくる。

#10 Last Take よーい!スタート

#10 Last Take よーい!スタート

制作局長の熊野(津川雅彦)が左遷され、新しい局長に佐久間(伊原剛志)が決まった。佐久間は雅子(松下由樹)にドラマ部部長にならないかと持ちかける。

さらに読み込む

TBS1 TBS2