示談交渉人甚内たま子裏ファイル5

出演

渡辺えり子(現・渡辺えり)、宇梶剛士、平泉成、小野武彦、洞口依子、小林千晴、二月末、高橋かおり、平野貴大、海瀬叶、綿引勝彦 ほか

  • 放送未定

損害保険会社の調査部に勤める人情派・甚内たま子が、示談交渉に奮闘する渡辺えり子主演の人気シリーズ第5弾。殺人事件は起こらないのだが、日常生活でも起こり得る交通事故が題材なので、一層ドラマに引き込まれる。今回はたま子の新しい同僚に宇梶剛士が登場。20年来の付き合いがあるという渡辺と宇梶の掛け合いにも注目だ。
物語は一見バイクの単独事故にみえる交通事故から始まる。調査が進み、事故の真相が明かされていくのと同時に、人と人のコミュニケーションの大切さを知り、さらなる真相が明かされていく! 保険金を出したくない保険会社の上司と、日夜勝負しながら、人情ある解決を目指すたま子の試練。今回はいかに?
【ストーリー】
甚内たま子(渡辺えり子)が勤める損害保険会社「大日東保険」の損害調査部に、切れ者だと評判の住倉公平(宇梶剛士)が転勤してきた。しかし、法律ばかり主張する住倉を、たま子はやや憤然と迎え入れる。
早速、たま子と住倉は一緒に、あるバイク事故の損害調査を始める。被害者は森田克也(平野貴大)という男性。その夜、たま子と住倉は克也の通夜に訪れる。克也の父・源太郎(綿引勝彦)とその膝の上で無邪気に遊んでいる克也の息子・勇也(海瀬叶)の姿を見て、たま子は痛ましく思う。その時、ギャル風の克也の嫁・美由紀(高橋かおり)が駆け込んできた。源太郎は、克也の死に動揺している美由紀に掴みかかり家から追い出そうとする…。近所の人によると、克也と美由紀は源次郎が経営する酒屋を手伝っていたが、日頃から源次郎と美由紀はケンカばかり。事故当日も、源次郎とケンカをした美由紀が家を出て行ってしまい、克也がバイクに乗り捜していたのだった。だから源次郎は大事な一人息子が亡くなった原因が、美由紀にあると思い込んでいた。
一方、警察に克也の遺品を取りにいった美由紀は、ヘルメットの傷を見て疑問に思い、たま子の元に怒鳴り込んできた。「克也の単独事故ではない」と主張する美由紀。たま子と住倉は、もう一度現場調査をやり直すことに…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2007年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : Joker/TBS
  • プロデューサー : 大川博史
  • ディレクター・監督 : 吉村達矢
  • 原作 : 柳原三佳、浦野道行
  • 脚本 : 金谷祐子
TBS1 TBS2