龍神町龍神十三番地

出演

佐藤浩市、高島礼子、宇崎竜童、椎名桔平、柴田恭兵、小島聖、山本未來、佐野史郎、石倉三郎、銀粉蝶、岡本綾、浅利陽介、中原丈雄、大河内浩 ほか

  • 放送未定

直木賞作家・船戸与一原作の同名小説を、ジェームス三木脚本、鶴橋康夫演出で初めて映像化した「龍神町龍神十三番地」。「鶴橋組」と呼ばれるチームワークのいいスタッフがドラマ化に取り組み、五島列島・福江島でオールロケを敢行するなどスケールの大きな作品だ。佐藤浩市と柴田恭兵が、物語の核となり対立する関係となる元敏腕刑事と現職刑事を演じ、彼らの熱演とスタッフの情熱によって、怨念と憎悪が連鎖する良質のサスペンスに仕上がっている。

【ストーリー】
梅沢信介(佐藤浩市)は優秀な刑事だったが、義憤に駆られ、少女を誘拐強姦した犯人を射殺してしまった。5年半の刑期を終えて出所した信介を待っていたのは、信介の高校時代の同級生・尾崎洋子(高島礼子)だった。洋子は、夫で五島列島にある龍神町の町長・尾崎富次(佐野史郎)を助けてほしいと信介に訴える。町では諸井昭平(宇崎竜童)が15年間も駐在所長を務め、住民の弱みを握って君臨しているという。富次でさえ手を出せない。富次の父だった前町長は事故で死んでいたが、諸井は満足な捜査をしていなかった。龍神町は数年前にできた龍神大橋で大きな町とつながったが、景気がよかったのは工事期間だけで、今はすっかり寂れてしまっている。町を訪れた信介をはそれぞれの思惑で住民たちから迎えられ、彼らから町の現状を聞く。そんな信介を諸井は早く町から出て行けと脅す。そんな折、富次が何者かに殺された。現場では長崎県警の郡家刑事(柴田恭兵)が捜査の指揮を執っていた。信介は風変わりな郡家に反感を覚えた…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2003年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : テレパック/TBS
  • プロデューサー : 森下和清、小橋智子
  • ディレクター・監督 : 鶴橋康夫
  • 原作 : 船戸与一(徳間書店刊)
  • 脚本 : ジェームス三木
TBS1 TBS2