演歌・唱太郎の人情事件日誌

出演

水谷豊、浅田美代子、朝丘雪路、音無美紀子、渋谷琴乃、今井雅之、鶴田忍、でんでん、十貫寺梅軒 ほか

  • 放送未定

歌謡界を題材にした意欲作で、売れない演歌歌手・神崎あかねと、そのマネージャー・赤木唱太郎のお人好しコンビが、売り込みのドサ回り中にさまざまな事件に巻き込まれ、事件解明に奮闘する姿を描く。また、歌の世界のさまざまな人間悲哀を浮き彫りにする人情ドラマともなっている。第1弾となる今作は、20.3%の高視聴率を記録。水谷豊と浅田美代子の絶妙なコンビぶりはもちろん、演歌歌手役の浅田、元演歌歌手という設定の水谷、新人演歌歌手に扮する渋谷琴乃が、それぞれ世代の違う演歌を熱唱するのも見ものだ。130年の歴史を持つ由緒ある老舗旅館で繰り広げられるベテランと新人の対決も必見。

【ストーリー】
赤木唱太郎(水谷豊)は演歌歌手の神崎あかね(浅田美代子)のマネージャーになって丸5年。演歌大賞を夢見て、あかねと二人三脚で連日、売り込みに各地を飛び回っているが、歌手生活15年にもなるというのに、あかねは一向に芽が出ない。一方、唱太郎のライバル・木田洋一(今井雅之)は新人演歌歌手の高山静香(渋谷琴乃)を担当。2人は互いに競い合って売り込みに懸命だが、仕事を離れれば良き飲み友達でもある。ある日、唱太郎と木田が盃を汲み交わしているところに、ルポライターの清水(でんでん)という男が現れた。静香のスキャンダルを探っているという清水を激しい口調で追い返す木田。以来、唱太郎は木田と静香につきまとう清水をたびたび目撃する。ところが、その清水が交通事故で死んだ。この件は事故として処理されるが、唱太郎はなにか腑に落ちない。それから2日後、今度は木田が、営業先の伊豆・修善寺で、崖から転落死してしまう…。

番組基本情報

  • 制作年 : 1996年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : TBS/アスプロデュース
  • プロデューサー : 内堀雄三
  • ディレクター・監督 : 成田裕介
  • 脚本 : 深沢正樹
  • 主題歌 : 泣くな東京
  • 歌手 : 水谷豊、浅田美代子
  • その他 : ※番宣写真はモノクロですが、本編はカラー作品です。
TBS1 TBS2