西村京太郎サスペンス 十津川警部シリーズ「越後・会津殺人ルート」

出演

渡瀬恒彦、藤谷美紀、清水紘治、堤大二郎、青木義朗、渡部遼介、小野ヤスシ、山村紅葉、若山騎一郎、竹田雅貴、小沢象、上杉祥三、中野若葉、矢野トモ子、豊田麻里、伊東四朗 ほか

  • 放送未定

渡瀬恒彦主演「十津川警部」シリーズ第17弾。渡瀬恒彦がシリーズ初の一人二役に挑戦。その迫力満点の演技とクールな役どころは必見だ。またゲスト女優には、美人報道カメラマン役の藤谷美紀を迎え、十津川警部と共にホステス殺人事件の謎を追う。殺人の重要参考人として窮地に立たされる十津川警部のため、伊東四朗演じる亀井刑事も捜査に奔走し、事実を糾明していく。
【ストーリー】
深夜の井の頭公園でのホステス(豊田麻里)が殺された。所持品から会津若松までの切符と十津川警部(渡瀬恒彦)の名刺が発見され、捜査一課は騒然。その頃、報道カメラマン・渡辺ひろみ(藤谷美紀)の元に、十津川と暴力団の癒着情報と証拠写真が届いていた。ホステス殺しの裏に、十津川と亀井刑事(伊東四朗)は危険な罠を感じ取っていたが、十津川は事件解決のため、被害者の所持していた切符で単身列車に乗り込んだ。そんな十津川に、女から電話で行き先の指示が入る…。
また、ひろみにあった密告は現実のものとなっていた。東山温泉に現れた十津川をひろみは尾行。十津川が小坂井めぐみ(中野若葉)を殺害する現場を目撃し、決定的瞬間を撮影。翌日、偶然を装い、十津川と同行したひろみは岩室温泉で何者かに襲われた。病院で意識が戻ったひろみは、十津川が犯人と証言。ひろみの供述でめぐみの死体も発見され、地元警察を震撼させた。重要参考人として窮地に立たされた十津川のため、亀井刑事たちは捜査に奔走する。

番組基本情報

  • 制作年 : 1999年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : テレパック/TBS
  • プロデューサー : 森下和清
  • ディレクター・監督 : 脇田時三
  • 原作 : 西村京太郎
  • 脚本 : 安本莞二
  • その他 : ※清水紘治の「紘」は正式には、「糸へんに宏」です。システムの都合上「紘」となっております。
TBS1 TBS2