浅見光彦シリーズ「長崎殺人事件」

出演

沢村一樹、加藤治子、村井国夫、林隆三、宝生舞、黒田福美、野村真美、新井康弘、岡本信人、ラサール石井 ほか

  • 放送未定

内田康夫原作・浅見光彦シリーズ第19弾。今回は久々に母・雪江が光彦の旅に同行し、異国情緒満点の長崎で連続殺人に巻き込まれる。男女の、そして親子の愛をテーマに風景、食べ物、長崎ゆかりの物語を散りばめて展開されるストーリーはまさに旅サスペンスの決定版だ。ゲスト出演者にも林隆三、宝生舞、黒田福美、野村真美、新井康弘、岡本信人、ラサール石井らバラエティに富んだ面々が集まっている。

【ストーリー】
長崎の数ある観光名所の一つ、眼鏡橋の下で、男が殺された。男はカステラ連合組合の会長・山岡(仙波和之)で、その胸には凝った彫り物を施した懐剣が突き刺さっていた。ルポライターの浅見光彦(沢村一樹)は「長崎の食と歴史」をテーマにした取材に出ることになった。だが、うっかり朝の食卓でそれを話したために、母の雪江(加藤治子)も同行することに。市内観光でべっ甲細工の店を訪れた二人が店の若夫人・紗綾子(野村真美)の説明を聞いていると、紗綾子の笑顔が急にこわばった。店の外から自分を見つめるジャンパーの男に気づいたのだ。紗綾子は男を追うように店を出ていくが、その二人の後を、若い女が尾行していた。その後、取材先のカステラ店・松風軒を訪ねた光彦と雪江は、先刻のジャンパーの男が店主の松波(林隆三)で、その後をつけていた若い女が娘の春香(宝生舞)であることを知る。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : テレパック/TBS
  • プロデューサー : 矢口久雄、大高さえ子
  • ディレクター・監督 : 山内宗信
  • 原作 : 内田康夫
  • 脚本 : 石原武龍、橋塚慎一
TBS1 TBS2