横山秀夫サスペンス「陰の季節7・清算」

出演

上川隆也、伊東四朗、高田純次、麻木久仁子、清水宏次朗、市川勇、鈴木ヤスシ、近江谷太朗、内田量子、首藤健祐、須永慶、南野陽子、飯田基祐、大門正明、石井愃一、宮内敦士、浅田美代子 ほか

  • 今・来月放送
  • HD

横山秀夫原作・上川隆也主演「陰の季節」シリーズ第7弾。今回は、警察官の増員と定期異動、警察官の不倫疑惑といった複雑に絡み合う難題に二渡が立ち向かう。警察官の人員増が議員の一存で決まってしまうことを、別の事件と関わりを持たせることでより身近に感じさせたり、警察官の不倫が人事にいかに影響するのかを二渡の目線で描いている。
また、その不倫疑惑の対象が、かつての二渡の恋人だった。その状況に葛藤しながらも調査を進める二渡の姿も描かれていく。果たして、元恋人の疑惑を晴らすことができるのか? 本作は15.0%の視聴率を記録した。

二渡(上川隆也)にとって、定期異動という最も忙しい季節がやってきた。ある日、二渡は大黒警務部長(高田純次)に呼び出され、急な任務を言い渡される。犯罪の多様化かつ増加で慢性的に警察官が足りず、二渡の県警でも人員増を余儀なくされている状態だ。しかし、大黒は人員増の要求書を県議会議員から県議に提出してもらうことを怠り、その不始末を二渡に押しつけてきたのだ。かくして二渡は、県議会の治安常任委員長の矢村(石井愃一)の元へ、警察官増員の意見書を提出してもらうよう要求しに向かった。
県議の元に到着した二渡は、思っていたとおり矢村に拒否される。諦めずに、再び頼もうと思いながら、二渡が家に戻るとすぐに電話が鳴った。同期の丹羽(飯田基祐)からだった。内容はタレコミで、自分の所属する薬物特捜班の菊地班長(大門正明)が、本部の女と不倫していると話し始めたのだ。地位についている妻子あるものが、本部の女性警察官と不倫とあっては、ただならぬ事態である。二渡は丹羽と直接会って話を聞く。ところが、事の詳細を聞いた二渡は愕然とする。なんと菊地の不倫相手は、かつて自分が結婚まで考えたことのある女性、警務部情報管理課の光浦多恵(南野陽子)だった…。

番組基本情報

  • 制作年 : 2004年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : ザ・ワークス/TBS
  • プロデューサー : 照喜名隆、角田正子
  • ディレクター・監督 : 真船禎
  • 原作 : 横山秀夫
  • 脚本 : 安井国穂

TBSチャンネル2

今月 10/10(土)午前9:00〜午前10:40

来月 11/30(月)午後9:20〜午後11:00

2020年10月
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1
2020年11月
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 10/10(土) 午前9:00〜午前10:40
    • TBSチャンネル2
  • 11/30(月) 午後9:20〜午後11:00
    • TBSチャンネル2
TBS1 TBS2