西村京太郎サスペンス 探偵左文字進1「封印された殺人」

出演

水谷豊、さとう珠緒、益岡徹、神田正輝、山村紅葉、中西良太、芦川よしみ、春山幹介、篠井英介、上杉祥三、杉山とく子、広岡由里子、深見亮介、本城丸裕、角田英介 ほか

  • 来月放送

水谷豊主演「探偵左文字進」シリーズ第1弾。原作は大人気の「十津川警部シリーズ」以前に書かれたもので、いわば十津川のルーツともいわれる幻の作品。ある事件が原因で弁護士を辞めた探偵・左文字が、豊富な法律知識をもとに、殺人事件の真相に迫る。ドラマの舞台は、チンチン電車が残る荒川線の下町。左文字探偵事務所も雑司ヶ谷の鬼子母神神社の近くにあって、懐かしさを感じさせるような下町情緒がいっぱい。
また、ドラマの中で度々登場する特殊メイクも見どころの一つ。犯人を追い込む重要なマスクとして使われるが完成度が高く、まさに芸術品。とくに、水谷をモデルとして作ったマスクは、まるで本物と間違うほどの出来映えだ。映画「らせん」「死国」などの特殊メイクを手がけた和田卓也の作品で、当の水谷も「一見に値するもの」と絶賛している。

【ストーリー】
左文字進(水谷豊)は、弁護士から転身して探偵になった変わり種。ある日、左文字をなにかと頼りにしている本庁一課の矢部警部(益岡徹)が事務所を訪れる。矢部は腕利き弁護士・上野知也(神田正輝)からの依頼を持ってきたのだ。大学時代の友人で殺人事件の担当容疑者・橋爪洋介(中西良太)に代わり、息子・裕太(春山幹介)を置いて失踪した妻・奈緒美(芦川よしみ)を捜して欲しいという。橋爪は悪徳ライター・柳沼孝史(上杉祥三)を殺害し自首、一人残ってしまった裕太の身を案じていた。すぐに奈緒美は見つかり、裕太は無事引き取られていくが、左文字は裕太の言葉から橋爪の犯行に疑問を抱き始める。

番組基本情報

  • 制作年 : 1999年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : テレパック/TBS
  • プロデューサー : 森下和清
  • ディレクター・監督 : 井上昭
  • 原作 : 西村京太郎
  • 脚本 : 峯尾基三
  • 主題歌 : エンジェルSTREET
  • 歌手 : 水谷豊

TBSチャンネル2

来月 11/26(火)午前8:40〜午前10:20

2019年10月
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
2019年11月
28 29 30 31 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 1
  • TBSチャンネル1
  • TBSチャンネル2
  • TBSチャンネル1・2

※放送日時は予告なく変更する場合があります。最新情報はEPGをご覧下さい。

  • 11/26(火) 午前8:40〜午前10:20
    • TBSチャンネル2
TBS1 TBS2