新春ドラマ特別企画「夏目家の食卓」

出演

宮沢りえ、本木雅弘、岸部一徳、勝村政信、豊原功補、長友啓典、すまけい、木内みどり、竹中直人、真行寺君枝、松金よね子、岸田今日子、樹木希林 ほか

大食いでへそ曲がりの文豪・夏目漱石と、生まれつき呑気なその妻・鏡子が繰り広げる明治版ホームドラマ。漱石の孫・半藤末利子が執筆したエッセイ「夏目家の糠みそ」と、悪妻として有名だった妻・鏡子が綴った「漱石の思い出」をドラマ化し、夏目家とそこに集まる滑稽で愛すべき人々の日常を面白おかしく描く。
鏡子は漱石がかんしゃくをおこしても、病に倒れても、そのすべてを「漱石」として並々ならぬ愛情をもって支え通した。その愛情に支えられて漱石はユーモア小説「吾輩は猫である」、痛快青春小説「坊ちゃん」、俳句小説「草枕」という作品を書き上げ、「日本人はこれでいいのか」と作品の随所で問いかけている。知られざる文豪の、愛に支えられた半生を描いた愛と涙の物語!
【ストーリー】
お互いに惚れてはいるものの、かんしゃくもちの漱石(本木雅弘)と勝気な妻・鏡子(宮沢りえ)はその出会いから波瀾万丈だった。漱石に一目惚れした鏡子が押しかけて始まった夫婦生活だったが、鏡子は料理下手に加えて、朝寝坊。大食いの漱石の食欲は満たされることがない。丁々発止の応酬をしながらも幸せな夫婦生活はしばらく続いたが、漱石のロンドン留学で一変する。残された鏡子と娘たちの生活は困窮する一方で、漱石はロンドンで目の当たりにした近代社会に圧倒され、苦悩の日々を送ることになる。

番組基本情報

  • 制作年 : 2005年
  • 全話数 : 1話
  • 制作 : カノックス/TBS
  • プロデューサー : 三浦寛二
  • ディレクター・監督 : 久世光彦
  • 原作 : 夏目鏡子、夏目漱石、半藤末利子
  • 脚本 : 筒井ともみ
TBS1 TBS2